優秀な部下が正しい上司になる方法

その昔の話ですが自民党の幹事長だった武部さんが自分の事を偉大なるイエスマンだと言い放った事がありますけど、少なくとも私が上司を選べる立場だったとしたら偉大なるイエスマンの下で働きたいとは思いませんね。

下士官と一兵卒の立場が違って求められる能力や資質が違うように平社員とそれを管理指導育成する上司(管理職)とでは自ずと必要な行動や考え方が違ってきますね。

さて昔ながらの大企業なんてのは組織が古いとかスローテンポだとか言われながらも、新入社員として入社してから定年退職までの間にゆっくりと昇進を繰り返しまして、社員としても徐々にそのポジションに座る立場としてのあるべき姿に変わっていくのでありますが、例えば短期間で急成長して組織が急激に拡大したり、または単純に年功序列を排して実力主義を安易に取り入れた企業などでは、社員としては短期間に昇進出世できて嬉しいのかも知れませんけど、会社組織全体で見ると未成熟な人材が中枢部に存在することになってしまって、将来的な成長が見込めなくなる場合も多いのでは無いかと思います。

さて話を分かりやすい営業部署に所属する営業マンでしてみようと思いますが、この営業の世界では売上数字が実力や会社への貢献度のバロメーターとなりますから、後から入社した社員でも営業成績次第では先輩社員を追い越して、その上司の座を手にすることもよくある話ですが、中には部下として第一線の営業マンとして数字を追いかけていた頃は優秀だったのに、人の上に立たせてみたら部下の管理能力はゼロに等しいし、なにより部下の人望が無いのでダメだこりゃなんて事があります。

そりゃ部下の営業マンってのは様々な性格を持った社員が居て、営業スタイルもそれぞれ人にあったスタイルがありますから、部下の性格やタイプに合った指導育成が時には必要ですし、そもそも上司の部下へ対する指導ってのは売れる営業マンは放置しておいて、とにかく売れない部下を集中的に指導して実力を付けさせて部門全体の底上げをしなくちゃいけないんですから、元々営業センスや才能を持ちあわせて居て実力で短期間でのし上がった人にとっては、中々指導のポイントが分からなかったりするんですね。

それにですね部下として一兵卒の立場で営業現場で売上数字だけを追いかけていた頃は偉大なるイエスマンで良かったんですけど、これが上司って立場になって部下を抱えるようになりますと、このイエスマンって性格は部下から嫌われるんですね。

そんなわけで立場によって成長するしないってのが最初に部下を持って仕事をするようになって分岐点がくると思うのです。