昇給と人事考課

桜が咲く季節は、昇給の時期でもある、サラリーマンだった頃は毎年の昇給で給料が上がっていくのが楽しみでも有ったし、昇給していくことがやりがいになっ て仕事の励みになっていました。

月日は流れ、零細企業の経営者になった私は逆に、昇給をどうしようか悩む時期になってまいりました。参りましたじゃ ないです。

数年前までは一応、昇給にも世間相場ってのがありまして、だいたい目安にもなっていたんですが昨今、春闘は無くなってきて、昇給どころか賃 金カットをする企業まで出てきて、昇給、ベースアップの世間相場がわからなくなっていますね?

ちょっと思うのですが、10年以上前だったら、賃金カットしますとかリストラで人員を削減して人件費削減しますなんて、大きな声で発表なん て恥ずかしくて出来なかったと思いますし、給料を下げるなんて、おおっぴらに発表したら、あの会社危ないんじゃないかと思われますからそんな事しなかった と思うんですが、今は堂々と ベースアップ無しとか定期昇給廃止とか発表をしていますね?時代も変わったものです。

成果主義とかが大手企業で始まっていますが、一度成果主義を取り入れた会社が弊害が目立つんで、成果主義を取りやめた会社も有るようです が、人事考課が完璧に出来ないと、社員のやる気を削ぐ弊害が出てきてしまいますからね?

会社っていっても、所詮は人間が集まっているのに過ぎないわけで、どんな大企業でも人間がいなくなれば、机やイスや設備が並んでいるに過ぎ ません、つまり会社は人で出来ているわけです。

で会社が躍進する力の源泉は社員のやる気、アイデアが涌いてくるのも、夜中まで仕事をこなすのも、徹夜してお客に出すプレゼ ン資料を作るのも、全部が全部、力の源泉は”やる気”ですね。

そんな訳で、社員のやる気を引き出して、しかも会社の財務状況が悪くならないように昇給を考える今日この頃であります。

追伸

世の中では人件費を流動費にしようとか、正社員の比率を下げて非正社員のパートやアルバイト、派遣社員で賄おうといった風潮が出て いますが、確かにそうしますと人事考課で色々考えたり時間を取らなくても済むので経営側としては楽になるのかも知れませんが、人が育たないと中々企業は発 展しないのが道理なんですけどね。

人事考課も人を育てるための一つの手段だって考える必要も有るのでは無いでしょうか?