小さな約束が守れない奴と取引しない事

仕事上、誰とも一切関わりなく毎日を過ごす事は先ず不可能だと思いますが、とにかく何があっても取引とか付き合ってはいけないよって奴について今回のコラムで書いてみようと思います。

でね、私の長年の経験から言いますと、明日電話しますって言っておいて電話してこなかったり、小さい約束が守れない会社とか営業マンとか実に沢山存在しますけど、基本にも何も後々嫌な思いをしたくなかったら小さい約束が守れないような奴とは取引もお付き合いもしない事が大切では無いでしょうかね?

これは、逆の場合にも当てはまるのでありまして、自分が売る立場でお客の立場で有る相手にしてもアポイントを当日になって事前連絡も無しにすっぽかしたり、お願いしてやってくれる事になっていた約束を守ってくれないような相手でしたら、それは自分に利益をもたらしてくれるお客でも何でもなくて、単に不快な思いをさせて無駄に時間だけを使わせる相手になってしまう可能性が高いと思いますから、出来売ればお取引を遠慮したほうが個人的には良いと思いますね。

でね、一番良くないのが自分が零細企業とかSOHOの立場で相手がそれなりの規模の企業だった場合に、やっぱりこっちは零細企業だからとかSOHOだから小さい約束を破られても仕方が無いのかなって諦めてしまう事ですし、もう一つは取引先などの相手が小さいとはいえ約束を守らない事に憤慨したり腹を立ててしまって他の仕事にまで影響を出してしまう事なのでありまして、そのような影響が出てしまうので有れば気が付いた時点で取引や付き合いをストップするって事が大切なのでは無いでしょうかね?

それともう一つですが、取引先や仕事上の相手が小さくても大きくてもあなたとの約束を簡単に破ってしまうてことは、先ず間違いなくあなたの事を重要に思って居ないって事ですし、口には直接出さなくても内心では、あなたとの取引を解消したいと思っているのかも知れないのですから、そんな事態に備えて違う取引先を考えておくとか、新規顧客開拓に精を出すとかしたほうが、危機管理としては正解なのではないでしょうかね?

追伸
もしあなたの同僚とか部下とか場合によっては上司にお客との約束を守れないでクレームの電話が来てしまうような人が在籍していましたら、それはもうどんな小さな約束であっても会社の信用を著しく低下させてやがて、企業の成長を阻害するような要因になってしまいますから、速やかに善処して貰うかそれが出来ないようであれば、素早く退職させる手のが最善の方策でしょうね。