職場のメンタルヘルス

日本全体がストレスの固まりみたいになっていて、二世議員を最たる例に捉える人もいますが、既得権を持つ連中や一部の傲慢な利己主義者によって格差社会が現実になってその全貌を表し始めて来ているのが今の日本ですから、職場でのストレスを感じる人が増加するのは当たり前に話で、鬱が原因で職場で業務の遂行が難しくなったとしても、会社を辞めて休業したり長期休暇を取ってしまうと、収入もなくなって生活が維持できなくなってしまうところが問題をより難しくしているのでしょうね?

ですから想像するに職場でのストレスを抱えて本当は休職するなり致しまして、適切な治療を受けないとどんどん症状が悪化するのに、生活を考えるとそれも叶わぬ事って感じで、我慢して居る人が表に出ている人の数十倍に上るのではないかって思いますね。

それとね、その手の職場のメンタルヘルス面をケアする産業カウンセラーとか精神科のドクターなどが、ある程度は話を聞いてあげるとかアドバイスや助言を行う事で、緩和はされる場合も有るとは思いますが、やはり根本的には上司を変えるとか同僚をチェンジするとか、会社の売上げ目標を撤回させるとか、まぁ現実的に実現不可能な事をしないと、ストレスの根本的な原因をなくす事が出来ないのですから、困った問題だと思いますね。

でまぁそーゆー精神的な事から不調を訴える人が何人か出てきた企業におきまして、従業員をとっても大切にする企業ばかりだったら良いのですが、簡単に休まれると業務に支障が出るのでさっさと使えない奴のクビは切ってしまって、新たに従業員を雇い入れてしまったほうが良いって考える経営者のほうが多いのが現実だと思いますし、そんな風に思っていなくても零細企業ですとか中小企業など少ない従業員数で一人が幾つもの業務を掛け持ちして何とか日常業務を遂行しているような場合ですと、如何に業務上の様々な事が理由でストレスを感じて、出社できなくなったと言われても、復帰の予定も分からないまま休まれてしまった場合に、対応が難しいと思うのですよね。

つまりその職場のストレスは年々増加傾向に有る事は間違いないと思いますし、今の現状では減る事は考えにくいのですが、じゃぁどうすれば解決するかと言いましても、これが根本的な原因は日本企業そのものが余裕が無くなってきて、そのしわ寄せが従業員に来ているような所が有りますので簡単には解決しないので有りますね。