独立開業と資金について考える

何はともあれ先立つものがないと・・つまりお金が無いと何も始められないって事になるのだと思いますが、自己資金ゼロで始められる商売といっても当面の生活費は必要ですし、名刺一枚作るのにもお金は必要なので有りまして、サラリーマンやOLの世界にサヨナラして独立開業を考える人が何をやるのかを考えた後に悩むのが独立資金と言いますかお金のことなのではないでしょうかね?

もちろん体ひとつで往来でパントマイムを演じて投げ銭をもらって生計を立てるとか、司会の仕事をやるなんて他の人が持っていない類まれな才能を持っている人でしたら体ひとつで日銭が稼げる独立開業なんてことも有るとは思いますが、まぁ普通に考えて自分の能力だけで明日から資金も無しに独立開業が出来る人は先ずいないので有りますね。

でね、私が思うにとても計画性をもって何年にもわたって独立開業資金を貯めてから起業する人ってのは、定年退職を考えて計画する人が多くて、若い人の場合はまず独立してやりたい事が頭に閃くのが先で、じゃぁ資金はどうしましょうかねって考えてしまう人が多いような気が致します。

聞くところによりますと新たに会社を設立致しまして長くて3年未満で多くの場合におきまして1年未満に資金が続かなくなって倒産したり廃業せざるを得ない状況に落ってしまうケースがとても多いそうで、しっかり事業計画を立てて銀行の審査を経てスタートした人の中にもあっさり資金が尽きてしまう場合が有るそうですね。

ただ逆に最初から結構余裕の自己資金をもって独立開業した場合でも、どうも真剣さが足りないと言いますか資金に余裕があるが故に無駄なところにお金を使ってしまいまして、やっぱり商売が軌道に乗らないまま廃業や倒産に追い込まれてしまうケースも多いようですね。

となりますと独立開業資金が少なすぎるとうまく行くことも途中で頓挫してしまう事になりますし、逆に余裕が有り過ぎても放漫経営に陥いる可能性が高くなってしまうって事になってしまうのでありまして、なかなか難しいのでありますね。

まぁそれだけ独立開業致しまして事業を軌道にのせて収益を上げて良くってことは難しいと思っていて間違いないって事なのですけど、ベーシック・インカムみたいな制度が導入されれば起業に対する垣根が低くなりまして起業する人が増えてもっと社会が活性化するように思います。

どうも資本と資金力を持っている処が支配していて新参者がのし上がるのが難しく年々なっているように思うのであります。