内職の仕事

ここでの内職の仕事とは自宅軽作業を行って報酬を得る仕事の形態のことです。
機械化が進んだ現在でも、商品を袋に小分けするとか、部品のちょっとした、加工の仕事などの昔から有ります、内職の形態です。

昔からありますこの軽作業の内職ですが、生産工場が海外に移転を進めている事と、向上のオートメーション化が更に進んできまして、仕事は減ってきているようです。

又、元々安かった単価ですが内職の工賃も長期間アップされていないのが一般的なようで、低賃金の実情が解消される機運は見受けられません。

反面、内職を斡旋する内職の元締めの関係の会社では内職をやってくれる方の確保も難しいようですので、探せば内職の仕事が見つかるのも事実でありましょう。

家事の合間などの時間を有効に使って内職をやるのであれば、高賃金の内職は少ないですが、トライしてみるのも良いかもしれません。

追伸

時代劇を見ていますと浪人は決まって傘張りの仕事とか耳かきを作っていたりするのですが、あれをやって食っていけるのであれば、真っ先に庶民や町民がやってしまうと思うのですが、あれは浪人の専売事業だったのでしょうか?

あと基本的に内職の仕事は時給換算してしまうと驚くほど安いですから、元気に外に出て働ける人は、外に出てしまったほうが良いと思いますよ。