高収入の内職

今回のコラムでは高収入の内職は何かなって事で考えて見ようと思いますが、世間一般の相場では内職の場合、時給換算してしまいますと時給100円にも満たないような仕事が当たり前で、時給換算で500円を稼げるような内職となりますと、まず誰でも出来る簡単な仕事は無く超高収入の内職だって事になるのでは無いでしょうかね?

ここでの内職の定義とは、SOHOのような事業でなくあくまで余暇を使って自分のペースで仕事が出来て出来高に応じて賃金が貰えるごく普通の内職を指しますので、ポルトガル語の翻訳ですとか本格的なホームページデザインですとかは、内職と言うよりも一匹狼の職人であって内職とは言えないと思います。

あと先に書きたい事を書いておきますと、ネットで高収入の類には充分気をつけましょうって事ですね、まあリスクがないのであれば始めるのは全然構わないと思うのですが、結局は何らかの投資が必要になったり、収益のわけが分からないようなネットで高収入ってのには充分気をつける必要が有ると思いますよ。

で今でも使えると思う方法を書いておこうと思いますが、内職ってのは主に製造業から出てくるので有りまして、通常は内職の人達を束ねたり仕事を振り分ける人が存在して居るのですが、中には直接問い合わせてみると、自分で取りに来て貰えれば内職の仕事が有りますよって工場も中には有るようですね。

その場合は自分で材料を取りに行ったり、間に仲介者が介在しませんし工賃を交渉できる余地も出てきますので、通常の内職よりも収入は高くなりますが、内職のメリットでもあります出来る分だけ仕事するって部分では少し違ってきて責任が重くなりますけどね。

※その昔は半田付けの内職など結構多かったと思います。

不景気になりますと内職の総数は圧倒的に減ってしまいますが、工場などの製造業ではコスト削減の一環で正社員からパート社員へ又は内職に出してこなせる仕事は内職へ出すって考えもありますので、自宅近くに工場などが有る場合は、直接内職の仕事がないかどうか問い合わせてみるのも良いと思いますよ。

追伸
千葉県茂原市で聞いた話ですが、今まであった大手の製造メーカーが海外に移転してしまって、多くの下請け企業はくっついて海外に移転するか多くは、閉鎖の憂き目にあってしまったとのことで、その地域に有った内職の仕事も一気になくなったとのお話で、日本中にこんな話が沢山有るのでしょうね。

ではご健闘をお祈り申し上げます。