原稿執筆代行の原稿料

今回のコラムのテーマは原稿の執筆代行の際に支払われる原稿料の事なのですが、紙媒体の印刷物が減少した反面、ブログの普及やメールマガジンの発行などインターネット上では結構ライターの需要があるようで、専門のサイトでは原稿を代筆してくれるライターの募集案件が掲載されていたり致しますが、少し覗いた限りでは驚くほど安い単価でライターを募集しているようですね。

ざっと見た限りではメールマガジンやブログ記事1本辺り200円とか300円のレベルなのでありまして、内容にもよりますが都道府県で定める最低賃金のレベルにも達しない低賃金で有りまして、果たしてあれで応募があるのでしょうかね?

個人的な感想を少々書きますと、インターネットで商売をしていくって事はネット上のブログを含む自社サイトだったりメールマガジンで積極的且つ頻繁に情報発信していく事が、サイト運営の成功失敗を決める重要な要素になってきますから、これこそ内部の重要人物とか責任者が時間と能力を注ぎ込んで原稿を書くべきだと思うので有りまして、ましてや不当に安い金額で外部のライターに代筆して貰うなんてのは、自ら失敗に向かって進んでいるような気が致しますね。

つまり別の書き方を致しますとインターネットの世界は情報を探すところで、必要な情報を出来るだけ多くの人に詳しく伝える事が大切で、その為にホームページを充実させて、ブログを併設して情報を発信したり、メールマガジンを発行したりするわけですから、ネットで成功する為の原稿を書くって事はその要と言っても良いのでは無いでしょうかね?

勿論人材が少ないとか様々な社内事情で外部のライターを活用せざるを得ない場合も有ると思いますが、やはりしかるべく原稿料を設定してプロにお願いするのが良いでしょうね。
文章の力はなんだかんだ言っても絶大ですからね。

追伸
インターネットで何か物を販売しようとしてサイトを立ち上げて、結局は黒字にする事が出来なくて撤退してしまう企業はそれこそ大多数を占めているのが現状ですが、オープンまでには多大なパワーと資金を投入しても、オープンしてからの戦略が広告を出す程度しか考えて居なくて、積極的且つ継続的な情報発信をおざなりにしている場合が少なく無いようですね。

個人的な意見としては、下手に広告宣伝費に多額の費用をかけるよりも、毎日でもしっかりした情報発信をしたほうがサイトに集客力が出てきますし、黒字にもなりやすいと思いますけどね。