三日三月三年と退職

その昔に誰かに聞いた話しですが就職して会社を退職したくなる気持が湧いてくる時期が入社してから三日目と三ヶ月目と三年経過したときなのだそうですけど、それがちゃんとした統計に基ずいている話なのか、単に語呂が言いので定着したのかわかりませんけど今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

まず入社三日目で会社を辞めたくなるってのは、これは入社前に聞いていたことと話が違うとか、どうも職場の雰囲気に馴染めそうにないとか、この上司の下で働くのは自分には無理そうだとか、朝起きるのが辛いとか理由は様々でしょうけど、素早く見切りをつけてしまう例でありまして、会社としても人員採用に手間とお金をかけたのが無駄になるって事になってしまいますが、合わないのに無理に在籍していてもらっても困りますし、やめる方も3日で退社するのでしたら厳密には違うのかもしれませんけど履歴書に書く必要も無いと思いますからね。

次に入社して三ヶ月目に退職してしまうってのは、どうも仕事についていけないようだとか自信をなくしてしまって、辞めてしまう場合が多いような気がするのですが、このあたりは直属の上司なり先輩が入社して三ヶ月目くらいは自信を付けさせるとか、馴染ませるって事を最優先で考えた方が良いのかもしれないですよね。

なにせ入社して三箇月以内なんて状況では給料はしっかり支払って、本人は研修とOJTを受けているだけで会社には利益的に全然貢献していない場合がほとんどでしょうからね。

入社三年目になって辞めたくなるって事になりますと少々状況が変化してきまして、まずその企業にとりましては入社してから数年間は持ち出しと言いますか本人の能力で稼ぐ利益よりも、支払っている賃金の方が多かったりするのでありまして、基本的によほど使えない社員だった場合以外は結構困るのではないでしょうかね?

辞めていく社員の方は入社して3年も在籍していれば、概ね社内の状況もわかってきますしぼんやりとでも自分の将来とか業界の先行きとか、自分が在籍している会社の将来性なんかも見えてきますし、隣の芝生は青いなんて言葉もありますけど、青い鳥を捕まえに出ていってしまうって場合も多いのではないでしょうかね?

まぁ最近は企業もどんどんドライになってきていますし、本人が定年退職まで勤め上げたいと思っていても会社が傾いて放り出されるのも全然珍しくない時代ですから、別に退職する気が無くても、外に出てもくっていけるようには備えておく必要が有る時代ですけどね。