就職活動と留年と(就活留年)

景気の動向と企業の新卒採用の状況は密接にリンクしているようですが、どうも大手企業を筆頭に採用に関しては新卒重視が徹底しているようなので有りまして、おかげでバブル経済真っ盛りの頃には箸にも棒にもかからないような、三流学生でもそれなりの企業に正社員として採用されたり逆に超氷河期と言われる年代の学生は、普通に学業に励んだ学生でも相当就職活動に苦労したり場合によっては就職浪人になってしまうのでありまして、人生なんてのはそんなものかもしれませんが、新卒重視主義ってのはどこかに弊害が出ているのではないでしょうかね?

で、報道で知ったのですが大学では就職の内定がもらえない学生に対しまして、就活浪人とでも言う留年制度を設けるところが出ているそうで、なんでも単位を取得して卒業出来る学生でも通常の半額以下の授業料を収めれば1年間留年が出来るとの制度で、次の年に新卒学生として就職活動が出来るって事なのですけどこれって何か間違ってるような気がしませんか?

まずその大学ってのは勉強するところじゃなくて企業に正社員として就職するための場所のような捉え方になってしまうような気が致しまして、そもそもその就職浪人の場合は希望すれば授業にも出席出来るそうなのですが、単位は所得していますから授業に全くでなくても問題なくて、それでいて割安とは言え大学も授業料を受け取るのですから、まったくやっていることは間違っているような気が致しますね。

それに話によるとどうも実際の就職活動におきまして留年した事が有る学生ってのは少々他の学生に比べて不利だと聞きますし、就職試験に際しまして面接の時に留年していた場合にはその理由を聞き出す面接担当者も多いのではないかと思いますけど、面接時に留年の理由を聞かれたら学生は何と答えるのでしょうかね?

まぁ大学としては就職浪人になった学生が仕方が無いので専門学校に通うって需要がそれなりに有るのではないかと考えて、それでは就職浪人留年って制度を作って収入を増やそうって魂胆なのではないかと思うのですが、はっきりいって単位を取得して卒業出来る学生を就活浪人させて授業料を獲得しようなんてセコイ事をやっているようでしたら大学の信用と威信を落とすだけだと思いますので、そんな事をやるのでしたらちゃんと特別コースか何かを設けて新たに何かを学んで貰うようにした方が良いのではないでしょうかね?

まぁ大学も学生が減少して経営が大変なのはわかりますけどね。