女性の容姿と面接の問題と美容整形手術

美人薄命とか美人は三日で飽きるけどブスは三日で慣れるとか養子に関する諺ですとか美人はプレゼントを貰ったり食事を御馳走してもらう事が多いので得することが多いとか様々な意見が有りますけど、今回のコラムでは企業の採用面接における女性の容姿と合格に関する問題について書いてみようと思います。

さてまず女性の容姿ってのは一応は個人の好みですとか嗜好の違いによって基準が違うかとは思いますが、やっぱり一般的に美人と言われる人は口に出して言う男性はいませんが何となく内心では美人のほうが頭が良くてやっぱり性格が顔に出るって事だから美人の方が性格も良いんだろうななんて考えている男性は少なくないと予想するのでありまして、企業の採用試験の場におきましても学歴不問と言いつつ履歴書の学歴欄も選考基準に入れてしまうようなもので、企業の採用試験におきましてなんだかんだ言っても男性採用面接官は美人女性のほうを採用したがる傾向が出てしまうのは現実ではないかと思います。

まぁそれなりの企業でもない限りは受付の女性ばかり雇い入れるわけじゃないのですど容姿を選考基準にしてしまうのはある程度は仕方が無い事って事で現実を受け入れることに致しまして、そーゆー現実であれば入社採用試験に備えまして美容整形手術を検討するって女性はどんどん増えてくるのではないでしょうか?

面接試験でまさかあなたの容姿は整っているけど整形美人じゃないよねなんて質問する面接官はまずいないでしょうし、企業によっては入社できるかどうかでその後の人生がとっても大きく変わってしまうわけですから、内面的な部分とか知識の部分にプラスしまして容姿も合否の判定基準になる可能性があるのでしたら、誰もそのために美容整形手術を受けて面接に望むことを非難したりたしなめたりはできないのではないでしょうかね?

しっかしまぁこれは男性の場合でも女性ほどでは無いにしてもやっぱり顔立ちが整っているとか利口そうに見えるとか真面目そうだとか、なんだかんだ言っても顔からくる第一印象が結構物を言っているので、やっぱりこれだけ不況になってきまして企業の採用も新卒重視的な感じになっていますと、もしかしたら男性の場合も面接に備えた美容整形手術の隠れたブームが来てしまうのかもしれないですよね。

なにせいかに取り繕いましても人間は感情の動物で行動の基本は自分の心が決める事になりますから、外見で多少なりとも他人を判断してしまう以上は建前だけの話ではなくなってくると思うのです。