エキストラのアルバイトは日当なし?

つい面白そうなサイトが有ると好奇心から念のため覗いてみたりしちゃうわけですが、まぁ私の場合はそれがコラムのネタになってしまう事も多いのでそれほど仕事の邪魔にはなっていないと思いますが、今回のコラムではエキストラのアルバイト募集のページが少々気になったのでそのことについて書いてみようと思います。

さてエキストラとは映画ですとかテレビドラマに出てくるその他大勢に含まれる通行人であったり野次馬だったり、時代劇では足軽役としてそーゆー格好をして指示があればその通りの動きをするまぁ役者さんの中では最も下に位置するって事で間違いないのではないでしょうか?

エキストラの場合ですとクレジットにも一切名前も出ませんし台詞もないですし誰の記憶にも残らない背景画のような存在ですが、どうも聞くところによりますと一般の人が記念にとでも言うのでしょうかエキストラとして映画やドラマに出たい人が沢山いるようなので有りまして、エキストラ募集の広告には結構沢山の人が応募してくるようですね。

ただネットで情報を調べた限りではエキストラ出演にアルバイト料(日当)が一切でない事も珍しいことでも何でもなく、交通費も自腹で弁当がでる程度でもエキストラになって画面に自分を残したいって人が少なくないそうですね。

まぁ憧れのエキストラと言っても主役が松平健とかSMAPの誰それだとか仲間由紀恵さんだとしたら一応、共演したって・・・言い切るのは語弊が少々有りますけど自分の心のなかでそーゆー風に思えるのでしたら、別にアルバイト料もない無給で交通費は自分持ちのまるっきり持ち出し状態でも納得出来るのかもしれないですね。

まぁ最近ではCG合成技術が画期的進歩を見せてきましたから、いまはまだ生身の人間をエキストラに使ってお弁当を支給する方が安上がりなのかもしれないですけど、そのうちに通行人とか群集役は別に生身の人間を使わなくてもあとからCGを使って合成してしまった方が安上がりだし、制作側の思ったとおりの動きが再現しやすいって事になる可能性も高いですから、エキストラでいいので一度は映画やテレビに出たいって思っている人はいまのうちかもしれないですね。

実際の現場がどうなっているのか知らないですけど、エキストラを何百人も使うような現場でしたらトイレの問題ですとか丸一日の撮影になる場合の弁当の手配ですとか、結構大変そうな感じがしますし現場の指揮も大変そうですからね。