ヘッドハンティング・引き抜きされる人

そういえば私の経験では1990年代はヘッドハンティングが随分と行われていた時代で、私も一応はとある大企業の管理職を務めていましたので実際にその手の電話がかかってきて条件を提示された事も有りましたし、私の同僚の中にも随分とヘッドハンティングのお話を戴いていた人も多くて、思えば経済がまだ成長していた良い時代だったと思いますが、最近ではすっかりその手の話が少なくなってしまったような気が致しますね。

まぁヘッドハンティングには二つの側面が有りまして、一つは即戦力の使える人材を手っ取り早く自社に取り込んでしまうって事と、もう一つはライバル企業の戦力をヘッドハンティングによって引きぬいてしまえば、相手が弱体化するとかヘッドハンティングによって引き抜いた人間が抱えていた顧客も一緒にやってくるって期待ですよね。

しかし冷静に考えますとちょっと好条件を提示されたからといって簡単にライバル他社に転職していまうような愛社精神の薄い社員をヘッドハンティングしても、少し会社の業績が悪くなった途端に次に転職先を探してさっさと退職されてしまうような気もするのですけどね。

で本題に入りますが昔はヘッドハンティングが盛んでちょっと責任者をやっているとか、人脈を持っているとかなんだかそれなりの企業で何年も仕事をしているので使える社員だろうって感じで手当たりしだいにヘッドハンティングの声を掛けていたような気がしますが、流石に最近の景気ではそんな事は出きませんし第一人手が余っていてリストラが最優先課題の企業も少なくないですからね。

ところが特に技術系の熟練工と言われる人たちに海外の新興国メーカーなどからは随分と声が掛かっているようですし、営業力強化のために営業マネージャーレベルの方へのヘッドハンティングは未だに健在のようですね。

ですから役立つと判断される人はやっぱり声がかかりますし、価値が無い人と判断される人は昔ならいざ知らず声はかからなくなっただけって事でしょうかね。

ただヘッドハンティングされる事を期待していてもそりゃ向こうにだって都合は有りますし、今はなにせ不景気ですからそう簡単に声はかからないと思った方が良いですし、転職願望が強いのでしたら自分から転職活動に精を出した方が良いですけどね。

ただ逆に引き抜かれるような人材を車内に抱えている企業は、そんな人には正当な評価を致しまして報酬で優遇するとか致しませんと、去られてからですと後の祭りですからね。