良い転職、悪い転職、転職成功方法

絶対に100%成功する転職を転職する前から解っていることはあり得ないですし、統計を取ったわけでは無いのですが、転職の成功率や転職して良かったと 保っている人と転職して失敗している人は半々位なのではないでしょうかね?

私の会社員時代に転職して他の会社に移っていった社員や、今経営者になってから転職している人を見ていて感じることは、100%ではな いにしろ元いた会社に気軽に顔を出せないような退職のしかたをした人間は新しい職場でも上手く行かない事が多いのは事実だと思います。

もう少し言い方を変えるとすれば転職して人脈や自分の世界を広げる人間と逆に変な退職のしかたをして、顔を出せないところを作ってし まって、転職で自分の人脈や世界を狭くしてしまっている人に分かれてしまっているのだと思いますね。

世間は以外と狭いものですし全然違う世界に転職しても人と人はどこで繋がっているのか解りませんので、ひょんなことで前の会社の関係が 転職先で出てくることもまま有りますからね?

私の考える転職成功方法

○退職する会社に貸しはあっても借りがない状態で退職する

○退職してからもたまに顔を出せるようにしておく

○現職で実績を残してから転職する

○退職願を出してからの仕事をしっかりとこなす。

この辺を押さえてから退職願を書かないと転職成功の確率はかなり低くなってしまいます。

次のステップとして転職先の待遇の問題とか社風の問題とかを検討していくべきでしょう。

能力のある方でしたらどこへ行ってもそれなりに成功するでしょうし、自分の能力を棚に上げて会社への不平不満だけを並べて転職する方は やはりどこへ行っても上手くいかないように出来ていますからね。

世間の転職に対するイメージは随分と向上してきましたが、実際に転職の原因として挫折転職が多いと言われますし、転職に失敗す る人も非常に多い訳ですから、周りが反対する事も多いと思いますし、くれぐれも慎重にって事です。

ただ企業の社員に対する考え方も随分と変わってきてますので、時には思い切って転職して成功する場合もある訳ですから、どちら とも言えないので有りますね。