降格人事と日本型経営と敗者復活

年功序列の日本型の経営手法では降格人事っては稀なケースでは有りましたがと過去形で書かざるを得ないのが、今の日本の企業経営で有りまして、能力 主義、実力主義、信賞必罰ってのが一般化してきまして、徐々にでは有りますが、降格人事ってのも一般的になってきているので有ります。

一般的になっているとは言っても、自社内で降格人事を目にした事が無い方で、出入りの営業マンですとか業者の降格人事ってのに遭遇した事の ない人も圧倒的だと思いますが、これにはほんの少し仕掛けが有ります。

少なくない企業では社内の格付けの他に対外的に名刺の中にだけ存在す る役職ってのが存在するので有りまして、中には社内ではリーダーとかチーフだとかグループリーダーなる肩書が正式な役職名で有っても、対外的には係長とか 部長って感じの呼び名にしている企業も少なく有りません。

ですから社内的な降格になっても対外的な役職は変更なしのそのままって場合も有り ますので、、見えない形での降格人事ってのも実際には多いのでは無いでしょうか?

まあドライになってきたって言いますか、少し前までは会社 として又は自分が昇格の資格有りって事で、上に引っ張り上げた訳ですから、任命責任とまでは言いませんが、降格に対する躊躇いが強かったと思いますが、企 業間の競争が激しくなてきた現代では、ドライにならざるを得ないんでしょうね?

まあ降格になった本人にとってはショックは大きいでしょう し、モチベーションが下がってしまって、退職の道を取ってしまう人も少なくありませんし、なかなか難しい部分が有るもの事実で有りましょうね。

私 が思うには敗者復活の道ってのはしっかり用意しておく事が、降格人事をちゃんと機能させる秘訣ではないかと思いますね。

追伸

最近になって小泉・竹中改革の反動か、日本型の経営が再評価されて見直されつつ有るようですね。

まあ欧米型の経営手法にも日本型の経営にもどちらかが優れているとかではなく、双方に良い点は有るのですから、上手に両方の良い所をとりい れる必要が有るのでしょうね?