降格と適正について考える

今回のコラムでは降格ってあまり良くない響きがする事について考えてみようと思います。

社会に出て会社に勤めてサラリーマン(OL) の方の大部分は昇格や昇給って事は自分自身の体験、経験として知っていても、真逆の降格って言葉は知っていても体験する人は極々少数では無いでしょうか?

さ てこの人事処遇における降格ってのは、企業文化の違いから日常的、一般的に行っている企業と、よほどの事がない限りめったに行われない企業とが有ります ね?

そんな中でも最も降格人事が実行される社内位置ってのが、管理職と非管理職の境目では無いでしょうか?

具体的に書きます と、課長係長とか営業所長といった部署や拠点の長となって部下を育成管理する立場になって、今まで上司の命令の元に行動していた人間が、立場が変わって部 下に命令する立場になった辺りが、もっとも降格しやすい立場であると思いませんか?

まあ今回は任命責任って事にはあまり触れませんが、実務 をちゃんとこなせて仕事上の経験やノウハウをちゃんと持っていても、まれに人を使う事が根本的に下手な人ってのが存在します。

そんな人って のは自分の責任で決断する事が苦手な場合と、人心把握が上手に出来ない人と2タイプあると思いますが、両方を持ち合わせている人も結構いると思いますね

勿 論そんな人も年齢や経験を重ねる事によって、適性がついてくる事も有りますが、一生人を使えない人と、時が経てば能力が備わってくる人との見分けがつかな いんですよね?なかなか本人以外では。

ですからもしあなたが降格してしまったら、一度自分について冷静に考えてみる事をお勧めいたします。

まあ降格っていっても少々給料が減るかもしれませんが、仕事の責任が軽減される場合もある訳ですし、再度昇格を目指せば良いので有りま すね。

多くの人は昇格は経験いたしますが、降格を経験する人は非常に少ないのですから、貴重な体験をした位に考えておけば良いのでは無いでしょう か?

降格を考えたって悩んだって、元に戻る訳はないですし、気を取り直して再スタートを切るしかないんですよね。

双六でも振り出しに戻るとか3つ戻るなんてのが当たり前のようになりますが、これは子供の頃に、降格に慣れておくために有るのですかね?

まあそんな訳はないと思いますが、昇格が有るから降格が有って、適性もなってみないと分からないって所では無いでしょうか?