それでも芸能界を目指す?芸能界に入りたい?

本日のニュースで清水健太郎さんが、悪い薬を持っていたとの事で逮捕された事を報じていました。

清水健太郎さんは私が小学生時代に”失恋レストラ ン”をヒットさせてその後は、あまり記憶に無いタレントさんですが、確か逮捕されるのは2回目だと思います。

歌った歌が大ヒットしたり、出演したドラマが大当たりして一世を風靡した芸能人の方が、10年ほど経って忘れられた頃に、ニュースで報じら れる事が年に1回はありますね?

最近では子連れ狼に出ていた”大五郎”役の方ですとか、横浜銀蝿のメンバーだった方などが、ニュースで報じられていますね。

芸能界を目指してスターになるのを夢見る事や、タレント志望でタレント養成学校に入学して、芸能界入りを目指す事も、本人の人生ですから、 多いに目指していただきたいと思いますし、やりたい事を思いの通り目指して頑張った上での、結果であればやらないで後々悔やむ事よりは、よっぽど良いと思 いますよ。

ただですね、芸能界はそれこそ弱肉強食、下克上のライフサイクルの短い短い世界のようです。

芸能界は定年が無い代わりに、何時仕事が無くなるか一年後が予測不可能な世界のようでありまして、20年前に活躍していた芸能人、タレント さんで今でも第一線で活躍していらっしゃる方は、非常に少ない事は間違いではないですよね。

比較的、息が長いと思われるタレントさん、芸能人の種類としては

○演歌歌手 ・一回大ヒットが出れば10年以上大丈夫?

○役者さん ・ドラマに舞台にそれなりにえり好みしなければ仕事ありそうですが。

アイドル歌手の皆さんは、長期間になると厳しい気がしますね、途中でドラマに転向したりして成功される方もいらっしゃいますがね?

まあ、芸能界に入るには先ず自分を磨くのもそうですが、どこのプロダクションでもって入っちゃうんじゃなくて、抱えているタレントさんの息 がどのくらい長いかどうかで、芸能プロダクションを選んでいる方もいらっしゃるのでしょうかね?

追伸

第三次お笑いブームなのか、若い方の中にお笑い芸人を目指す人がとても増えているそうです。

まあ手っとり場合と考えた人が多いのかもしれませんが、お笑い芸人志望者は物凄く多くて、こちらも狭き門になってしまっているのが 現状だそうです。