絶対に損をしない投資方法

今回のコラムは少し力を抜いて書こうと思いますが、内容は投資における絶対に損をしない方法って事で書こうと思いますが、先ず最初に書いておきたいのはインターネットの世界では確実に300万円稼げるとか、元手いらずで儲るとか様々な情報商材と呼ばれるものが販売されて居たりしていますが99.9999%の確率でいい加減な内容でありまして、借金をして自己破産をする方法だったり、生活保護を受ける事を勧めているだけだったり、正常な判断が出来る人であれば、そんなうまい話がある訳無いって事に気が付くと思いますし、そんなに簡単に大金が手に出来る方法が数万円で売っている訳がないのでして、今まさに目の色を変えて簡単に儲る保法とか損をしない投資術なんて情報を探しているのであれば、さっさとパソコンの前から離れて冷たい水で顔でも洗ってきて下さいね。

でねハイリスク・ハイリターンならまだしもハイリスク・ローリターンのFX取引みたいな投資が世の中に蔓延っていますが、先ず胴元を含めてお金の流れを把握すれば大多数の投資やギャンブルの類が絶対に儲らないって事が理解できると思うのですよ。

例えば宝くじ・競馬・競輪の類でしたら売上の合計金額から諸経費や運営団体の取り分を差し引いてから、残りを購入者の賞金に振り分けるって形ですから、参会者はトータルで見ますと絶対に儲りませんし、逆に言えば運営者は自身が絶対に損をしないように運営をしているって事が言えますね。

FX取引に関してもFX業者が手数料を確保した上で、為替相場の変動によって儲る人と損をする人が出てくるのでありましてFX業者が懐に入れる資金を考えますとこれまたトータルで儲る人はいなくなってしまう計算になってきてしまいますね?

そう考えますと、絶対に損をしない方法ってのはプレイヤーになってしまうと至難の業であって、どーゆー風な取引になっても絶対に損をしないのは、運営元の業者だったり胴元だったりするって事に気が付く必要が有るのでは無いでしょうかね?

まあ意地悪な書き方を致しますと絶対に損をしない方法は、何にも投資をしないで現金のまま持っているとか、銀行に預けた1000万円以下の貯金って事になってしまいますが、これも物価の上昇ですとかインフレの進行で資産は目減りしてしまうので有りますね。

では最後の究極の絶対に損をしない究極の投資方法を書かせて頂きますと、自分の健康の為に投資してジョギングシューズと時間を作るとか、知識の吸収の為に書籍を購入するって類の投資であれば、絶対に損をしないので有りますね。