冷静な判断

株の取引や先物市場、最近ではFX取引など様々な金融商品に精を出す個人の方が増えているようですが、元々冷静な判断が出来ないのか、それとも資金に余裕が無い状態とか虎の子の貯金や退職金を金融商品や株取引につぎ込んでいるから冷静な判断が出来ないのか、人によって原因はそれぞれかも知れませんが、冷静な判断をする自信がない方は、素直に銀行に行って定期預金をするかせいぜい、国債を買う位にしておいて、間違っても株式取引に手を出したり、FX取引などの金融商品に手を出す事はご無用だと思いますね。

株式取引やFX取引で多大な損失を出してしまって、借金の返済に困って自殺までに至ってしまう人も沢山存在するはずですし、負けが込んで性格まで変わってしまって家族に見放されたとか、家庭崩壊に至ってしまう人は基本的には冷静な判断が出来なかったが故に、損切り、見切りが出来ないとか周りの状況を見ないでひたすら反転を信じて借金をしてまで資金をつぎ込んでしまったりって事も少なくないと思いますので、兎に角、どんな状況でも常に冷静な判断が出来る人以外は、100%安全確実な利殖だけに限って、人生のレールから転落したくなければそれ以外には脇目もふらないほうが良いでしょうね。

まあ自他共に冷静な判断が出来ない事がはっきりしている人でも、金融商品関係への投資をしても構わないと思うのは、手元に余裕がある俗に言う余剰資金があって、その中の一割程度のお金を使って長期的に考えた投資を行うとか余剰資金の3%程度を使ってゲーム感覚で投資を行いまして負けても決してそれ以上に資金を投入しないって判断が出来れば良いと思いますが、最初にラインを決めていても冷静な判断が出来ない人は、途中で熱くなってしまって見境無くなって、損失を広げるって事はありがちですから気をつけなくっちゃですよね。

まあゴルゴ13のようになるのは無理としても、負け赤字、損失の発生した時にどれだけ冷静に受け止める事が出来るか、もしくは短時間で損失によって血が上った頭を冷やして通常な状態に戻れるかって所でしょうが、普段は冷静沈着な人であってもそれが、過去の多大な失敗体験からくる自信によるものなのか、もしくは過去に失敗した経験が無くて挫折体験がない為に何時も冷静なのか人によって違うと思いますが、自分の事だったら分かりますよね?

では最後になりますが株式投資などの金融商品関係に限った事でなく、冷静な判断力が失われている状態は、破滅への階段を上がっていくのか下りていくのか知りませんが、えてしてそーゆー方向に進んでしまいますので、気をつけましょうね?