投資の世界でカモになる人

投資の世界ってのはまさに弱肉強食の世界でありまして、得する人がいれば損する人が存在しないと成り立たないとも言えますし、株でもFX投資でも先物相場でも一握りの勝者が富を手にしてその他大多数はカモといいますか自分の富を取り上げられるって事ですよね。

極論を言ってしまえば大多数の人がカモになるわけですから、わざわざそんな危険な投資の世界に足を踏み入れないのが一番なのですが、その手の投資を手伝う企業ってのはあの手この手と考えて甘言を弄して近寄ってきたりいたしますので、他人を信じてしまうカモになりやす人ほど投資の世界に引っ張り込まれてしまうのかもしれないですよね。

まぁ投資の世界でカモになる人の筆頭候補は他人を信じやすい人で、営業マンが真面目で誠実そうだからって理由だけで簡単に信じてしまって投資の世界に足を踏み入れてしまうような人ではないかなって思いますね。

でまあ他人を簡単に信じてしまっても投資する世界を自分なりに勉強すればまだ間違いに気がつくのかもしれませんけど、簡単に他人を信じてお金を預けてしまうような人ですとか、営業マンを信じきってしまって、大きな損をして初めて自分がうかつだったことに気がつくのでしょうね。

他にも1円の損もしたくないって気持が強すぎてしまってさっさと損切りと言いますか、損失が少ないうちに撤収出来ないで泥沼にはまっていくタイプの人がネギを背負ったカモって感じではないでしょうかね?

これは最初に書いた他人を信じやすくて営業マンを簡単に信じ込んでしまうタイプも持ち合わせていますとまさに最悪の投資になってしまうのでありまして、最初の投資で損失を出してしまっても営業マンが頭を下げて、今回の損失を取り戻しましょうなんて言われてその気になってしまって、さらに投資の闇に現金を投げ込んでしまうって感じではないでしょうかね?

まぁお金が勝手にお金を生み出すってのを夢見るのはわかりますけど、良くて五分五分で実際はもっと分が悪いハイリスクハイリターンの投資や、中にはハイリスクでローリターンなんて投資が世の中には溢れているのですから、せいぜい銀行の定期預金くらいで我慢していた方が良い人が多いのではないでしょうかね?

そういう私も株式に外貨投資と両方共初戦で見事に失敗してからは一切その点場所に関わらないようにしていますけど、お誘いだけはしっかり今もくるのですうよね。