タンス預金と運用

昔々のその昔、高度成長って言われた時代には銀行の普通預金でさえそれなりの金利設定していまして、引き出しにかかる手数料も安かったですからタンス預金をするのは、脱税でもしているか近所に郵便局も含めて金融機関がないか銀行を信用していない人って相場が決まって・・いませんが今の低金利時代では時間外にキャッシュディスペンサーで一回引き出しをしただけで簡単に元本割れしてしまいますし、銀行も倒産してしまう時代で普通預金で一千万円までしか保証がされないのでありまして、名寄せが進むにつれてタンス預金が増えてきたって噂が御座いますので、今回のコラムではタンス預金について書いて見ようと思います。

でまずタンス預金が増えてきたって噂の根拠ですが何でも家庭用の耐火金庫が売れてきたって事なので有りますが、個人的には目立つところに金庫を置いておきますと現金のありかを示しているようですし、相当重量のある耐火金庫を設置致しませんと金庫毎、持って行かれてしまうので有りまして、なにせコンビニエンスストアに設置したキャッシュディスペンサーをそのまま重機で運び去ってしまうような国になってしまいましたからね?

で巷言われますタンス預金のデメリットとして盗難や火災での焼失の危険性ですが、デフレやスタグフレーションの時代であればこの火災や盗難のリスクを軽減してしまいますと、タンス預金も立派な貯蓄方法なので有りまして、例えば近所に存在する金融機関がどうも経営状態に疑問符が出てくる弱小銀行だった場合で貯金が一千万以上の場合は、タンス預金を上手く併用するとか貸金庫を活用するほうが良い場合も有るかもしれませんよね?

※ 金融機関も国も国民がこぞってタンス預金しちゃいますと何かと不都合がありますからタンス預金のデメリットをことさら大きく取り上げていますが、貸し渋りしてみたり高い金利で消費者金融に預かったお金を回して利ざやを稼いだり銀行のやっている事も、お行儀がよいとは言えないと思いますから、無理して銀行に預けるのでしたらタンス預金のほうが良い場合も有ると思いますね。

まあデフレ、スタグフレーション、不景気の時代には運用しようとしてもリスクが高いだけで、現金で手元に置いておくか換金性の高いものにしておくかなのですが、比較的目減りのリスクのない金地金も携帯性に問題が有りますし、外貨預金なんてのは為替相場の変動リスクが無茶苦茶大きいわけですから、もしかしたら運用なんて考えないで手元に現金が一番かもしれないですよ。