株価変動の理由

経済は生き物でその状態を表す指標の一つが株価でありまして刻一刻変動する株価はまさに生命を宿しているかのようなのですが、マスコミや証券アナリスト達が株価の変動を伝える際に、その変動した理由が少し気になったので今回のコラムで書いてみようと思います。

株は証券市場で売買が成立して価格が変動するって事は売られる株券と買われる株券の数が同数って事になるのですが、売買する投資家はそれぞれに思うところがあって売ったり買ったりしていて、考えて居る事はそれぞれ違う事を考えて居ないとおかしいと思うのですが、何故か報道される株価の変動を伝える際の理由は画一的と言いますか、円高に嫌気がさしたとか利食い売りで反落したとか出てくるわけですが、大勢はそうかもしれませんがそれ以外の考えで売買ゲームに参加している人も多いでしょうし、そもそも株価変動の理由をプレイヤーにいちいち聞いているわけはないので有りまして、発表者側が勝手に想像して理由を後から付けているに違いないのですよね。

だって株価変動の理由を聞いてますと、そんな事は取引開始前から分かっていただろって事が圧倒的に多いのですから、それだったら自分で売買ゲームに参加したほうが儲ると思うのですが、それはやらないで相場が確定してからもっともらしい理由を考えて居るに違いないと私は推測するので有りますね。

勿論、結果を分析してそれを元に今後の相場変動を予測して戦略を立てるって事はとてもとても大切な事なのでありますが、報道発表の大雑把な理由など何の役にも立たないと思いますよね。

まあ本当は取引が始まる前に予想を発表してくれたほうが良いような気も致しますが、そんな事をすればそれが影響してまた違う結果になってしまったりしますので、非情に難しいので有りましてま生き物がどっちに動くかってのは本人に聞かないと分からないのですよね。

追伸
短期間で株式売場を繰り返すデイトレーダーの出現やインターネットの普及による情報伝達スピードの高速化などで、株価の変動幅やスピードはどんどん速くなっているような気がするので有りまして、業績と必ずしも株価が連動しない場合も多々出ているのですから、益々投機的な要素が強くなってしまうので有りまして、株式を持つって本来の意味が薄くなってきているような気が致します。

多分これの元凶は手数料稼ぎを最優先した証券会社の責任が大きいと思いますけど、どんどん売買を繰り返して貰わないと証券会社の収入が無くなってしまうのですよね。