飲食店で独立、成功と失敗

会社を定年退職したとか、リストラにあったとか自分の意志で会社から逃げ出したとか理由は様々ですが、飲食店で独立開業を考える人は多いようですし、フランチャイズのオーナーを募集しているフランチャイズ本部も飲食店や食べ物関係が非常に多いようですが、今や大手外食産業でさえ利益を確保するにに四苦八苦している状態ですから、甘い考えで独立はしないほうが良いと思いますね。

さて一言で飲食店で独立と言いましても色々なパターンが有りまして私が思う失敗する確率が高い順に書いていきますと

■全くの未経験でフランチャイズオーナー募集の内容につられて安易に加盟して飲食店をオープンさせてします。
まあこれは加盟するフランチャイズ本部の考え方や教育で雲泥の差が出てくるのですが、安易な考えで飲食店で独立したものの、長時間労働で休みはないし、アルバイト店員を上手く使いこなせないで利益が出ないままやめてしまいたいものの、廃業後の仕事もままならないので赤字経営で続けていって深みにはまってしまう場合も多いのではないでしょうか?

■フランチャイズに加盟しないで自分で出店場所を探してメニューを考えて独立する
これも個人差が大きいのですが、未経験で簡単に成功するほど飲食店経営は甘いものではないのでありまして、加盟金やロイヤリティが発生しない分だけ、個人でしたら何とかなる場合も有ると思いますが、未経験でいきなり飲食店で独立するのは非常にリスクが高いでしょうね。

私が思うにはやはりどんな商売でも成功するには、それなりの準備と下積みが必要なのでありまして、ラーメン店で独立するなら、まずはラーメン店に一年間なり働かせて貰って、のれん分けして貰うなり、充分に経験を積んでから独立開業するのが一番失敗が少なく成功の可能性が高いと思いますが、どうも安易に考えている人が多くて、飲食店のオーナー募集をしているフランチャイズ本部に加盟金を支払って研修を受ければ簡単にオーナーになれて経営していけるって考えている人が多すぎるのではないでしょうか?

勿論、全くの初心者、未経験からフランチャイズに加盟して成功している人も中には存在するでしょうが、それが全てではないって事では無いでしょうかね?

まあ慌てて失敗するよりもフランチャイズに加盟するとしても、先ずはアルバイトとしてでも1年なり働いてみて、経験を積む事と内情を肌で感じてから独立しても良いのでは無いでしょうかね?