経営努力について考える

こちらではコンビニエンスチェーンを始めとしたフランチャイズについて書いていますが今回のコラムではオーナーの経営努力について書いてみようと思います。

さて、フランチャイズチェーンにオーナーとして加盟して研修も受けて店舗の準備も出来て、期待に胸を膨らませて開店、営業開始したのに一向に売上は予測値に届く事はなく、休みも無く頑張って頑張って働いてフランチャイズ本部の指導を仰いで忠実に実行をしても、回復の兆しすら見えてこないで、悩んだり困ってらっしゃるオーナーの方も少なくないと思います。

ここでオーナーは考えるのですが、当初示された収益予測や出店前のロケーションの市場調査ってのは何だったんだろうかってね。

まあこの手のところでもめ事になる事が多いらしいのですが、裁判(訴訟)まで発展した場合に、フランチャイズ本部が決まって口にするのは、次のような事らしいので有りまして、<予測はあくまで予測であって実際とは違う場合が当然出てくる>、<オーナーの経営努力が足りない>、<市場が変化して調査当時と結果が違ってしまった>、<他の加盟店ではちゃんと収益を出している>などが出てきまして決して本部の非を認める事は無いようですね。

さてこの中のオーナーの経営努力って部分ですが本来ならばフランチャイズの場合は決められたマニュアルや本部の指導に従ってオペレーションをこなす事が大部分なのでありまして、その為の開業前の研修で有ったり、開業後の本部のスーパーバイザーなどの指導ですから、オーナーの経営努力と言うべきではなく、具体的に何処が本部からの指導に従っていないとか、マニュアル通りに運営していないなどの具体的な指摘があるべきなのでありまして、オーナーの経営努力って言うのは言葉のすり替えではないかと思いますね。

まあフランチャイズ本部が自分の持っているノウハウや商品力や店舗運営に絶対の自信を持っているのでしたら、赤字で収益が出ない加盟店に数ヶ月でも本部から人材を送り込んで、実際に利益が出る事をオーナーに見せてあげれば、ぐうの音も出ないで加盟店のオーナーは頑張るのでしょうが、そこまでやってあげるフランチャイズ本部は非常に少ないでしょうね?

私が思うにはフランチャイズに加盟する前に、もし実際に営業を開始して当初の予測通りに収益が確保出来ないで赤字経営が続くような事態になった場合に、フランチャイズ本部は何処までサポートや支援をしてくれるのか確認を取って一筆取る事は絶対に必要だと思いますし、ことばを濁してしまうようであれば加盟は考えた方が良いでしょうね。