集客方法(商品)と収益商品

儲っている小売店は集客商品と収益商品の使い分けが上手だって言われますが、先に両者の違いを書いておこうと思います。

集客商品とは文字通りお客を集める為の商品で有りまして、その商品は利益を出す使命は与えられていないので有りまして、ひたすら採算を度外視致しまして、集客商品目当てのお客を呼び込む為の商品です。

収益商品とは、読んで字の通りなのですがこちらの場合今度は買って貰ってお店に利益をもたらす為の商品になります。

さて、個人的な感想ですが食品関係のテイクアウトが特にそうなのですが、集客商品=収益商品で男度胸の単品勝負って感じがとても多いのでありまして、勿論、時代の変化も関係なく毎日食べても飽きる事もなく、そう簡単に他社がそれ以上の味と値段で勝負できるはずもなく、ひたすた単品勝負の効率の良さで勝負できるのなら全く何の問題もないのですが、全ての商品に当てはまる事は無いでしょうね?

ですから何と言いますか、フランチャイズ加盟を考える際には特に、単品商売で勝負しようってタイプの場合には、とても深く考えませんと大きな危険がつきまとうと思うのですよね。

記憶に新しいところでは、コロちゃんのコロッケ屋さんの場合ですと、コロッケにメンチカツにカレーコロッケ位のバリエーションは有りましたが、冷凍のコロッケを油で揚げるだけで調理方法は簡単で良かったのだと思いますが、何せ単価も安いですし飽きられたって部分も大きいようで、数年で倒産してしまいましたがこのような事例はとても多いようですからね。

個人的には収益商品が勿論有ってそれが集客商品で有るって事は良い事だとは思いますが、やはり単品商売ってのは吉野家の狂牛病の時のような例も有りますので、別の集客商品が提供できるような商品構成ですとか、体制があったほうが安心ではないでしょうかね?

例えば日本のユダヤ商人とも言われた藤田田(デンと発音して下さい)が日本に持ち込み、大成功した外食産業の雄、日本マクドナルドでもマンネリ化しないように、てりたまバーガーを出してみたり、月見バーガーを出してみたり、ハッピーセットでおもちゃに凝ってみたり、ひたすら飽きられないように、手を変え品を変えて集客に努めているのでありまして、やはりお客を獲得するって事は不断の努力が必要なのです。

ですから、フランチャイズ本部がいくら”うちは商品力があるから単品勝負で未来永劫儲る”なんて胸を張って言われたとしても、落ち着いて冷静になって判断する必要が有ると思うのですよね。

何と言ってもフランチャイズの失敗事例なんて星の数ほど有るのですから。