直営店による加盟店潰し

これは今から約15年ほど前に聞いた話で真偽の程は不明ですし、今ではどうなっているのか良くわかりませんがとあるフランチャイズチェーン展開している本部の直営店による加盟店の営業を圧迫してトラブルになった話です。

話の概略を書きますとそのフランチャイズチェーンは直営店も結構展開していまして、それなりの割合で直営店が混ざっているらしいのですが加盟店の中でとても良い成績を揚げた店舗が出ますと、市場的にとても売れる良い場所だって事で、その近所に加盟店よりも大規模な店舗を出店致しまして加盟店を潰してしまうのだそうです。

まぁ流石に今ではそんな露骨なことはしないでしょうけど、ドミナント戦略によりまして地域のナンバーワンを創り上げようと考えた場合にはどうしても、店舗が過密状態になってしまいましたり、狭いエリア内で加盟店同士や直営店とお客を奪いあうなんて減少が起きてしまいますよね?

極端な話になりますと直営展開でなくても加盟店を出来るだけ増やした方がフランチャイズ本部は儲かりますし、知名度も上がりますから既存の加盟店の売り上げが落ちても、エリアの被る地域への出店を考えてしまう場合も出てこないとは限らないと思うのです。

ですからフランチャイズ本部に加盟して商売を始める際には、例えば一定の人口あたりの出店数の自己規制ですとか、新たに出店する際には顧客の奪い合いにならないようにどれだけの距離を離すかなど書面にて確認をとっておいた方が良いのでは無いでしょうかね?

どうも思うにはフランチャイズ本部によっては出来るだけ多くの加盟店を集めまして、まずはとにかく店舗数を増やしまして、どうも赤字店舗が出てきたようなら一定の基準で一気に不採算店舗の閉鎖などを行うってサイクルを行うような本部があるような気がするのですよね?

まぁ何はともあれ加盟店を増やして店舗数を拡大しませんとフランチャイズ本部は売り上げが伸びませんし、適当な時期で不採算店舗の閉鎖をすることによりまして優良な加盟店を残して行くのはある意味強い店舗網を作り上げて行くのに必要なのかもしれないですけど、加盟店としてはそんな考えにはなれないでしょうからね?

そんなわけで今回のコラムのテーマに書きました直営店による加盟店潰しは最近は無くなっていると思いますけど、加盟店同士のつぶしあいなんて事態に遭遇しないようにするには、やはり契約前に本部の考え方や、今までの状況を良く確認してから契約致しませんと後で泣きをみる事になってしまうと思うのですよね?