ホームページ作成業者は儲るか?

私自身、あと数ヶ月でホームページ作成代行業者として、会社を設立してから10年が経とうとしていまして、今回のコラムではホームページ作成代行業者って業種は儲るかどうかについて書いて見ようと思います。

まず先にホムページ製作代行の過去十年間を振り返ってみますと、先ず驚くのは私が創業した当時に頑張っていた同業者さん、つまり10年前にそれなりに営業していたホームページ製作代行業者さんの過半数が、倒産や事業廃止でこの世界から居なくなっているか、もしくはホームページの作成代行業から自社でのホームページ運営などで製作代行から足を洗っている業者ばかりで有りまして、未だに企業のホームページ作成代行業をメインに営業しているのは少数派なのでありまして、つくづく儲らない業種だなって感じますね。

※私の経営する会社もホームページ作成代行が売り上げに占める割合は低下の一途で有りまして、今や半分を切っていますのでメインはホームページ作成代行とは言えない業務内容になっていますね。

さて今回のコラムは批判を承知で書こうと思っているのですが、はっきり言って真面目に丁寧にお客の事を思って作成していたり、お客の我が儘をいちいち聞いていますと、まず相当の製作料金の請求をしていきませんと、利益を出す事は至難の業なのでありまして、私の知りうる限りでは丁寧な仕事をするお客の信用が厚い、真面目な業者さんほど、この不況風が強くなったご時世では厳しい経営状況って感じが多いですね。

何と言いますか、仕事は結構有って毎日夜遅くまでお客の要望を聞いて仕事をしていても、お金にならない仕事のボリュームが多すぎて、労多くして益少なしって言葉を地でいっているような同業者さんが少なく無いので有りまして、儲っているのは営業力があってしかも営業経費をカバーできるほどの料金を提示できて、なおかつ上手に手抜きが出来ているホームページ製作業者って感じになっていると思います。

それと専門分野に特化したホームページ製作業者さんは結構強いですね、例えば歯医者さん専門のホームページ作成とか、うちは不動産業専門だとか、製造業しか作らないって感じで特定の業種に特化している場合は、その分野のノウハウは蓄積されまして、ある意味上手に手抜きが出来ると言いますか、使い回しが出来る割合が増えますので、利益が出しやすいって感じでしょうかね?

但しその特定の業界が思い切り不景気になりますと、余波を受けて売上不振になってしまう危険性は大きくなってしまいますけどね。