ネット社会の匿名性

報道によりますと、と言っても頻繁に同様の事件が起きているのですけど、ネットの掲示板にバスジャックとか犯罪予告を書き込んだり、名誉毀損に繋がる書き込みを行って逮捕されてしまったって、まぁおめでたいと言いますか未だにインターネットの匿名の掲示板とか表面上自分の存在が識別できない場所での書き込みは、自分が誰だか分からないって思って居る人がいるのは驚いている人も多いのでは無いでしょうか?

そうですね例えて書きますと、2チャンネルでもブログへのコメントの書き込みでも中には、自分は草むらの影から誰にも見られない状態で、自分の意見を書いているって思っているのでは無いかなと思いますが、実際の所はちゃんとインターネットに当たる住所(IPアドレス)があるために、発言者の前を黒い布で覆っていて一応何処の誰だか分からないようにしていますが、布で覆っているだけですし、一部始終はログってやつで記録に残してありますから、全部ビデオカメラで撮影してありますよって状態なのを知っておいたほうが良いと思いますね。

※当然の事ですが黒い布の中を開示したり利用するのは正当な理由がある時以外は無理ですけどね。

更に個人のサイトであってもプロバイダー側でアクセス(ログ)の記録を取っていますし、そうですね完全に匿名性を保てるのは、どこか規制の甘い日本以外の国のネットカフェにでも出かけてそこから書き込みをするくらいしか方法は無いのでは無いでしょうかね?

勿論、必要以上に神経質になって掲示板に出没するなら止めちゃったほうが良いと思いますし、他人に迷惑をかけるような行為に及ばない限り、個人を特定しようって動きにはならないですけど、逆に特定しようといった行動になれば簡単に個人を特定できてしまうってのが現代だと思います。(たぶん電話の逆探知なんかよりもネット上の発信者の特定は簡単に出来ると思います)

ですから何と言いますか、匿名性を表面上は保ちつつ実際にはちゃんと個人を特定できる情報は記録されていますよって事を覚えておいたほうが良いと思いますよ。

追伸
一部で行き過ぎた個人情報保護の弊害が指摘されているようですが、どうも匿名で基本的に自分の存在を簡単には知られないって事で、他人を誹謗中傷したり事実無言の書き込みをしたり、名誉毀損すれすれの行為を平気で行う人に対しては、速やかな措置がとれるような体制が確立しないと、どうもネット上が無法地帯になってしまうような気が致しますね。