新築住宅と太陽光発電

素人考えですが既に建っている家に太陽光発電装置を取り付けるよりも、新築住宅を建築する時に最初から屋根の上に太陽光発電ユニットを乗せて建てて しまったほうが相当のコスト削減になると思いますし、屋根と一体化してしまえば太陽光発電のソーラーパネルの下敷きになる部分の屋根材も節約出来るような 気が致しますが実際の所はどうなのでしょうかね?

でね、一部の大手ハウスメーカーでは既に太陽光発電ユニットを最初から装備した住宅の販売を始めているようなのですが、まだまだ地方の 小さな工務店や大工さんレベルでは未対応のようですし、地方に行けばいくほど地場密着の職人さんマインド溢れた工務店や大工さんの信用が厚いようですか ら、中々新築段階での太陽光発電ユニット装備が進まないのでしょうかね?

しかっし都心部や市街地ってのは基本的に住宅は密集して立っているし、商業地域に至ってはビルが多いから太陽光発電に適した建物は限ら れているし、設置時点で採光状態が良くても後になって隣や向かい側にビルが建築されて太陽光が当たらなくなったとしても、建築法に違反していない限りは差 し止めなど出来ませんから、本当は地元密着の工務店が活躍している地方のほうが太陽光発電システムには適しているのですけどね。

でね景気対策の一環とか環境対策の為にって名目で太陽発電に対する補助金や助成金を拡充する動きが有りますけど、どうも一般の施主(消 費者)やシャープや京セラを始めとする太陽光発電パネルを製造するメーカーとか大手ハウスメーカーばかりが優遇されるような気がしてならないので有りまし て、併せて疲弊する地方の経済を活性化するためには、地方の工務店がもっと太陽光発電システム付きの一般木造住宅を販売できるように技術的な支援などを行 うのはどうかなって思いますね。

ともかく日本なんてのはエネルギー資源の大部分を外国から購入して輸入している訳ですから、石油の備蓄に励むよりも如何にして石油の消 費を抑えるかとか自然エネルギーの活用をしていくかとか、そっち方面に目を向けていかなくちゃいけないと思うのですが、どうも物足りなく感じてしまうので すよね。

なにせ環境問題だとか言っていた尻からいきなり高速料金休日1000円でみなさんドライブに行きましょうね、何て事を平気で総理大臣が 口に出来てそれを何の疑問もなく垂れ流してしまうマスコミが存在するような国ですから困ったものなので有りますね。