原油価格高騰

原油価格の高騰が止まらないようでありまして、影響が直ぐに現れるガソリンの値段が上がっていまして、続いて石油製品の値上げになってくるでしょうね?

私自身、営業車(バイクですが)で毎日ガソリンを消費していますので、毎月の経費に少しではあります が、響いてきております。

さて、地球温暖化や大気汚染に始まる、地球環境の悪化の問題は大きく2つ

化石燃料を燃焼させる事によって生じる排気ガスや熱による破壊

森林破壊による緑地の減少

以上の2つが地球環境の悪化原因の二大要因ですね。

最近になりまして、ようやく太陽光の利用や風力の利用によるエネルギーの供給が始まってきたところでして、今回の原油価格高騰 を機会にして、石油エネルギーに代わる、新たなエネルギーの模索が加速する事が出来れば、今回の原油価格の高騰が”災い転じて福となす”って事になります よね?

以前にも一度書きましたが、エネルギー問題の根本には上手くエネルギー、ここでは電気エネルギーのことですが、蓄積できるかが 大きいと思います。

もっとも身近で、クリーンなエネルギーの一つに、太陽光を利用した発電がありますが、なにせ太陽は昼間しか出ていませんので、 夜間は発電できないわけですね?

同じく風力にしても何時も風が吹いているわけでは有りませんので、如何に発電した電力を蓄積できるかが、重要だと思いますね。

エネルギー変換効率が大幅に良くなった太陽光発電システムなど、エネルギーの発生に関する、発明や発見は、頻繁に出てきまして 目にする事が多いのですが、蓄積に関してはなかなか画期的な発明が出来ていないようなきがします。

ここは、もう少しエネルギーの蓄積に対して、研究開発を進めれば未来は明るいのではないかと思います。

追伸

幾ら口で言っても実感がわかないのですが、ガソリンの販売価格が200円に迫る状態になってきますと、初めて原油は何時の日か 枯渇して、エネルギー不足が来るのを実感しますね。

自然エネルギーの開発は進んでいますが、今回の原油価格の高騰によって開発に勢いがつくのでは無いでしょうか?