CTIアウトバウンドとインバウンド

営業ツールとしての電話はまだまだ根強いものが有りまして、電話コールで新規顧客開拓を行うために、電話 コールをテレマーケティング会社に外注したり自社で人を雇って、毎日電話コールに精を出している会社も多いですね?

電話をかけることと受けることをコンピューターや機械に人間の代わりにやらせちゃおうってのがCTIなる機械で、かかってきた電話を自 動で受けて対応するのがCTIシステムのインバウンドシステムで、設定した発信先に電話を自動でかけて、何かをするのがCTIのアウトバウンドシステムで す。

最近パソコンメーカーのサポートダイヤルやブロバイダのサポートダイヤルに電話をかけると、先ず人間が出てこないでCTIにセットされ た録音音声やコンピューターによる合成音声が対応してくださいます。

古いタイプだとプッシュボタンで新しいタイプだと”1番”とか音声認識システムで自分の必要とする情報にたどり着ける有り難いシステム の筈なのですが、こっちは人間と話をしたいと思ってもCTIが、オペレーターに渡してなるものかと、全然代わってくれないですよね?

マニュアルに書いてあることを棒読みしたり別途FAX情報システムを案内したりして、イライラの絶頂になったことも過去に有ります。

まだ、営業の売り込み電話が自動発信でかかってきた方が、相手は機械なんですからこっちの都合で即電話が切れますから、人間がセールス 電話をかけて着た場合よりもCTIで自動コールされた方がどちらかというと有り難いかな?

こっちから電話をかけて情報や解決方法を至急聞かなくてはいけない場合のCTI対応は改善の余地が有りますね?

サポートセンターでCTIを導入されていらっしゃる企業はかけてきたお客が情報にたどり着くまでにどのくらい時間がかかっているのか、 必要な情報にたどり着けているのか、調査して改善をしてほしいですね?

CTIシステムも随分値段が下がって安価になってきて導入をする企業も増えてくると思いますが、マイナスが出ないようにしたいもので す。

追伸

先日、私の自宅にもオートコールを使った電話コールが有りましたが、なんだか気味が悪いですし、留守電に吹き込まれていた場合 も有りますが、勝手に電話をかけてきて留守電に吹き込まれる訳ですから、オートコールを使って電話する企業に対して良いイメージは持てなかったですね。

まあ自社の企業イメージに無頓着な企業の方は導入して新規顧客開拓に頑張ってみたら如何でしょうか?

私だったら導入しませんけどね。

朗読版