懸賞応募代行

インターネット上での企業の懸賞や無料プレゼントが増えてきてから、懸賞の応募代行なるサービスが出てきました。

簡単に懸賞の応募代行の説明をしますと、
懸賞応募代行を頼みたい人はお金を払って、懸賞応募代行業者に個人情報を渡す。

請け負った懸賞応募代行業者は貰った個人情報を元に数千件場合によっては万単位の懸賞企画に応募作業を行う。

懸賞代行業者に代行を頼んだ人は、当たった賞品が届くのを毎日待っている。

以上が懸賞応募代行業者の業務の概要なのですが

疑問1、わざわざお金を払って個人情報を渡してまで代行業者に頼む人がいるのでしょうか?
あまり需要があるとは思えないのですが。
疑問2、懸賞応募代行業者の中には当選率とか過去の当選商品を表示して有りますが、そんなに当選するのであればわざわざ他人の名前で応募しなくても、自分で懸賞に応募してどんどん商品を手にすれば良いのではないか?
疑問3、懸賞は自分で応募して当たるのが楽しみなのだが、果たして懸賞応募代行業者に頼んで懸賞に応募して楽しいのだろうか?

など疑問が湧いてくるので有ります。

まあ世の中色々な商売があるなぁってのが素直な感想なのですが、応募される企業やサイトにとっては、どうなのでしょうか?

応募総数が増えて嬉しいのか、それとも自社の名前も知名度を上げたい商品名も一切、応募者に伝わらないわけですから、懸賞応募代行業者経由の応募は排除したいのか、一体どうなんでしょうね?

まあ、まともな企業で有れば冗談じゃないってところでしょうし、単に個人情報を集めるだけの懸賞企画で有れば、代行業者経由の応募も大歓迎でしょうけどね。