事業資金の借り入れ

クレジットでもカードローンでも住宅ローンでも兎に角、お金を借りる、融資を受ける前にやることがある。
別に難しいことではなくて、家計簿をつける、会社なら帳簿を整理する事なのである。
お金を借りる、つまり借金をすることになる場合、バランスが取れていれば良いのです。
収入と支出のバランスですね、この収入と支出のバランスを気にしないと言うか、目をそらして融資を受ける事、これだけは絶対にやってはいけないのです。

実は消費者金融のテレビコマーシャルを見ていまして何時も思うことがあります。

件のテレビコマーシャルではどこの消費者金融のコマーシャルでも、収入と支出のバランスを考えて とか 事前によく計画を立てて計画的にとかを流しておりますが、あんなものは10万円借りたら利息がこの位になって、もしも支払いが遅れたら遅延利息はこんなになっちゃいますよってアナウンスすれば、誰でも、借り入れは計画的になると思いますし、お金を借りる前に慎重になると思うのですよ。

まあ、消費者金融がテレビコマーシャルでそんな事をアナウンスしたら、お金を借りる人が半分になっちゃいまして、借りに来る人は、収入と支出のバランスを考えられない、事前に計画を立てられない人ばかりが、融資の申し込みにきちゃいますから、やらないでしょうね?

借金で思うのは、個人的には借りるより貸すほうが難しいって事では無いでしょうか?

不思議なことに、借りてしまえば何故か借りているほうが強くなっちゃう不思議な人も世の中に居るのでありまして、借金(売掛金)の集金に何度いっても払わない、そのくせ威張って開き直る人に何度か遭遇した事が有ります。

まあ無いものは払えないって理屈は分からないでもないですが、払ってもらうほうが機嫌をとったり、何度も足を運んだりと、不思議な状況になってしまう事があるのが、個人的なお金の貸し借りなのでして、借りるのも難しいが人にお金を貸すのはもっと難しいって事ですよね?

その辺りは銀行の融資が一番しっかりしていて、絶対にとりっぱぐれのないように、担保をとって保証人をつけさせて、場合によっては保証協会などの機関まで使いまして、もうガチガチにしてお金を貸しますので、たいしたものです。

よく言われますが、晴れているときに傘を押し付けてきて、雨が降ってくると傘を返させるのが銀行ってたとえ話を聞きますが、担保もなしで保証人も無い場合は、先ず銀行は借り入れがたいへんですから、本当にお金を必要としている人が、消費者金融や商工ローン方面に行ってしまうのでしょうね?

だだ、そーゆー状況で一般人にお金を貸し出している消費者金融は業績好調のようですから、回収のノウハウだとか貸し出しの際の見極めのノウハウだとかが、非常に高いレベルにあるのでしょうね? でなかったら銀行が新たに消費者金融方面に乗り出していく際に、殆どの場合既存の消費者金融と提携して始めますから、銀行が乗り出して簡単に出来る業務ではないのでしょう?

では、無理な借金をしないようにしましょうね?