債権放棄(債務カット)の交渉方法

大企業が銀行に債務カットやひどい時には債権放棄の交渉を行って大幅に債務を圧縮する事例が有りますが、今回は債権放棄や債務カットの方法について思うところを書いてみようと思います。

例えば一般の個人が借金の額がとてもとても返済できない額まで膨らんでしまって、銀行や金融業者の窓口に行って、返済額を負けてくれとか、債権放棄してくれって言っても、絶対に相手にしてくれないと思ってしまいますよね?

勿論、取引の歴史が浅く借りたばかりの状態でお願いに行っても、門前払いになるのが落ちで絶対にちゃんと返済してくださいねって念を押されるだけだと思います。

ただし取引が長くそれなりに銀行や金融業者の利益に貢献している場合ですと、相手によっては交渉に応じてくれる事があるようです。

しかし、ただ単に債務をカットしてくれとか、債権放棄してくれと言っても、ダメなわけでしてそれなりの交渉方法が有ると思います。

銀行でも貸金業者でも国民生活金融公庫でも営利企業で有りまして、担当者としても企業としても1円でも多く回収する事が至上命題なのでありまして、これは当たり前の話ですよね?

たぶんここがツボになってくると思いますが、債務カットをお願いする一つの方法として、ここで倒産して代表者が破産してしまった場合には、滞納している税金や遅延している従業員の給料を支払ってしまったら、1円も回収できなくなってしまう恐れがあり、逆に債務カットに応じても、倒産や破産をしないでも事業や経済活動を継続してくれたほうが、より多くの貸したお金を回収できるって、感じさせるのが一つの方法ではないかと思います。

しかし上記のような交渉が出来ない場合も多いのでして、支払いが遅延したら保証協会に代位弁済を求めれば、全額回収できてしまうとか、土地や建物や自宅に抵当権を設定して、担保として確保してあるので、さっさと法的な手段に訴えてしまったほうが、確実に債権を回収できる場合などです。

上記のような場合ですと、特定調停や民事再生などを利用する事になると思います。

ここで少し思う所を書いてみようと思いますが、個人や企業の経営者が一対一のさしで交渉しても全然応じてくれなかった銀行や金融機関、貸金業者も、簡易裁判所を通じてですとか、弁護士が一任を受けて代理人として債務解消に向けての、話し合いを行うとなぜかよりスムーズに話が進んでしまったりするんですよね?

この辺りは封建時代からのお上の意識が残っているのか、弁護士や司法書士などの士行に対するまあ権威主義みたいなものが根本にあるのでしょうね?

もちろん、それだけではなくて裁判所で用意してくれる調停委員の方や弁護士の方などの債務整理専門の人たちは、法律や過去の事例や判例に精通していて、しかも場数を踏んでいるのでありますから、銀行や貸金業者の人もそれなりに対応するのでしょうね?

ですので債権放棄(債務カット)の交渉方法としてはまずは、自分で考えうるストーリーを描いて交渉してみて、次には専門家を利用してみるのがベストな方法では無いでしょうか?

追伸
まず自分でってのは、そうすれば自分で勉強しますし何より自分の債務(借金)なのですから、主役としてまずはやってみるって事が大事だと思います。
有る程度、債務整理や債務放棄、債権カットについて勉強して知識をつけておけば、専門家に頼む時もスムーズに事が運ぶと思いますよ。