合法的な借金の踏み倒し方法

常々不思議に思って居る人も多いと思いますし、私もその一人なのですが債権放棄とか一部借金の棒引きが合法的に行われて、企業が再生するって事が有りますが、まあ個人の場合ですと返しきれないから借金を棒引きしてくれって金融機関の窓口にのこのこ出かけましても、お引き取り願われるか徹底して回収に走られて、もう自己破産するしかないって状態まで追い込まれれてまうかって場合が多いのでは無いかと思いますが、一体この差は何なんだろうかって思う事が無いでしょうか?

まあざっくりと考えてしまいますと、銀行を始めとした金融機関は言うまでもなく、営利目的で営業をしている営利企業ですから基本的な行動の原理原則は損得勘定に基づいて行われるのでありまして、大企業などに対する借金の棒引きや一部債権のカットも、ここで無理矢理回収できるだけ回収するよりも、まず計画通りに立ち直って貰ったほうがより多くの債権の回収が出来て損失が少なくなるって判断によって動いているって言えるでしょうね。

で個人や零細企業の場合ですと借金(債権)の総額もせいぜい数千万円程度で、元々規模が小さいので立ち直っても高がしれているし、再生する可能性も低い、それに手間をかけて長い時間をかけて債権の回収をするよりも、さっさと速やかに速攻で回収できるだけ、取り戻してしまって後はご自由にってほうが手間もコストも最小限でダメージが少ないって考えるのでは無いでしょうかね?

じゃあ諦めてなすがままって考えてしまったり、夜逃げしよう何て考えないで欲しいのですが、最近は法整備のほうも徐々に進んできておりまして、ちゃんと法律に乗っ取って借金を整理する方法が出ておりまして、諦める必要は無いので有りますね。

※そもそも無い人からは回収のしようが無い訳ですし、連帯保証人さんに関しても早めに連携して手を打てば、何らかの方法が見つかる場合が多いと思います。

まあ具体的な方法はこれから書きますが、最悪の場合は自己破産とかでゼロから出発でマイナスを背負い込む事がないので、ある意味割り切ってしまったほうが良いでしょうね。

さて具体的には”債務整理の特集”を参考にして頂ければ良いと思いますが、特定調停とか個人再生法などで検索して頂ければ、情報は山ほど出てくるかと思いますが、ちゃんと法令によって、債権者と債務者の権利を守りつつ、合法的に借金を棒引きに出来るやり方はいくらでもありますので、諦めないで人生楽しみましょうね。

泣いても笑っても一回きりなのですからね。