税金滞納対策(税金が払えない)

今回のお話は企業経営と税金にまつわる話を書こうと思うのですが、儲かっている時には一生懸命稼いでも利益の半分も税金に持っていかれるのかって感じに思ってしまいますし、逆に赤字になって従業員の給料や各種仕入れなどの支払や、借入金の返済などの四苦八苦している時でも、法人税や消費税の支払はしっかりやってくるのでありまして、税金の支払がなければなんとか会社が回るのに、これじゃ税金倒産だって感じの場合も有るのではないでしょうかね?

幸いにも私は経験が無いのですけど、話によりますと支払いを滞納した場合に一番手強いのが税金の関係でありまして、このあたりは銀行からの借金とか街金の取り立てでは法的拘束力とか、強制的な手段がそう簡単には使えないのに比べまして、財産の差し押さえとか強制執行などの伝家の宝刀は伊達ではないのでありますね。

さて今回のコラムの本題であります、税金滞納対策ですが基本的に私が考えていることを書きますと、まず税金を滞納してしまった場合の延滞税ってつまり利息は結構高いですから銀行などから高くない利息で借入ができるようであれば、利息の関係上借り入れをしてしまったほうが良いような気がします。

ただ税金が払えないような状態で銀行に相談にいっても融資を引き出せる可能性は少ないと思いますので、その場合は素早く税務署にお出かけ致しまして、ご相談申し上げる必要がありますね。

税務署に出かけるときには現状と今後の見通しを聞かれたときにある程度お答えが出来るような準備を致しまして、でもって対応してくれる税務署署員の方が優しくてしかも権限の有る方であることを祈りつつ、ご相談に訪問するわけですが基本的に税務署としてもいかに手間とコストを書けないで税金をより多く効率的に回収するかって考え方になると思いますので、そのあたりも考えて相談致しますと、出来る範囲での分割払いに応じてくれると思いますし、悪態をつかなければ1年以内で滞納状態が解消される相談に乗ってくれると思いますよ。

もちろん、全く回収の見込みが立たない場合ですとか、嘘を見破られた場合ですとか相談者に何らかの問題が発見された場合ですとか、滞納状態が解消されるよりもさらに滞納する税金が営業を続ける事によって増加してしまう場合ではまた対応が違ってくるのでしょうけど、基本的に正直に相談すれば解決策が見えてくる場合も多いのではないでしょうかね?

もちろん税金が払えない場合の最悪の対応方法は何もしないで放置しておくって事になりますけどね。