営業代行と新規顧客開拓

よほど私の会社が営業力が不足しているのだと思われているのかもしれないのですが、月に一回くらいの割合で営業代行だの営業アウトソーシングの売り 込みの電話ですとか、メールが入ってくるのでありまして、結構これが私にとっては謎なんですよね。

この手の営業代行だとかアウトソーシングの会社ってのは複数有って活動しているようなのですけど、電話セールスが専門でアポイントを取 るのが得意な企業から、実際に実働部隊が存在して飛び込み営業から見込み客を見つけた り、新規顧客開拓を行う営業代行まで幅広いので有りますけど、余所の会社の営業を代行できるほどの営業力があるのでしたら、何か利益率の高い商材を確保し て自分で販売して、利益を懐に入れてしまえば良いのではって思いますけど、まぁ継続して商売するってのはそれはそれで大変な事ですから、得意な新規顧客開拓だけにしまようって 事なのでしょうかね?

ただまぁどうなんでしょうか、営業力がない会社が営業部門の一部であっても外部にアウトソーシングするって事は、更に自社の営業力を低 下させちゃうような気が致しますし、アウトソーシングするのでしたら、まだ営業力向上の研修を外部に委託するとか、しちゃったほうが会社の足腰が弱くなら ないのではないかって思いますけどね。

気持ちはね分かるんですよ、営業マンは中々パートやアルバイトって訳にはいきませんし、正社員として雇って教育しても立派に売れない営 業マンに成長する可能性だって有りまして、正社員の首は簡単には切れませんし、とにかく新規顧客開拓なんてのは相当高い営業力がないと簡単にはできないの ですから、少々コストがかかっても外部に委託して新規顧客開拓して貰えれば、変な話ですけど使い捨てに出来ますし、成功報酬的要素が強いですから、大きな 失敗って事にはならないですからね。

けどね、私が想像するに営業を外部委託するって企業さんの過半数は、その売上不振とか結構売上げが危なくなってから、自社の抱えている 営業マンの営業力を集結しても、どーもこの苦境を乗り切れそうも無いなって事で、慌てて感染成功報酬の営業外部委託を探されたりするケースが結構有るよう ですけど、その場合はどうなんでしょうかね?

個人的にはそんな外部業者を探したり打ち合わせをしたり管理したりしている時間があれば、経営者の方が自ら営業現場に飛び込んで、営業 活動に汗を流したほうがよほど全体の士気も上がって営業成績が上がると思いますけどね。

朗読版