逆効果のキャンペーン

営利企業が何らかのキャンペーンを行うのは、勿論自社の商品やサービスをもっと販売して売り上げを伸ばす為に行うのですが、まあ星の数ほどの経費倒れで効果を現さなかったキャンペーンですとか、中には消費者の反感を買ってしまうようなキャンペーンも有るようでして、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

個人的な感情そのもので書いてしまうのはお許し頂きたいのですが、最近のトヨタ自動車が行って居るエコ替えキャンペーンに関してですが、私を含めまして結構あのキャンペーンには反感を覚えている人が多いのでは無いかなって思いませんか?

※実際にYahoo知恵袋でもトヨタのエコ替えに否定的な意見が大勢を占めていて、何処の広告代理店が仕掛けたのか空気を読めないトヨタの社員が考えたのか分かりませんが、あれは完全に逆効果ですよね。

まあ何と言いますか企業の都合を優先させて、突っ込みどころ満載のエコ替えキャンペーンを打ってしまったのは、完全に失敗だったと思いますね。

・まだ乗れる車を大事に乗る事よりも買い換える事に誘導しようとした。
企業の姿勢としては当たり前の事で、過去の下取りキャンペーンと何ら変わらないのですが、誘導にわざわざエコを付けてしまった為に逆に反感を買ってしまった。

・CO2排出量の比較で根拠となる数値が手前味噌で不足があった
実際にはトヨタで車体を組み立てるずっと以前に、ガラスを作る為の原材料の採掘から加工など全ての行程での排出量が明記されていないとか、車を廃棄する場合に必要なエネルギーやCO2の排出量など、実際にはエコ替えするよりも、大事に長く乗る又は出来るだけ乗らないほうがエコに繋がると言った意見が沢山出てきた。

一昔前のインターネットが発達しないで個人の意見を発信する手段が無かった時代でも、このエコ替えはきっと成功しなかったキャンペーンだと思いますね。

追伸
インターネット上の評判を見る限りでは、エコ替えキャンペーンのお陰でトヨタはアンチトヨタの人を増やしてしまったような気が致しますし、少なくともキャンペーンの効果で販売台数が伸びる事は無かったと思いますので、素早くキャンペーンを終了させて、人々の記憶から消える事を祈ったほうが良いのでは無いでしょうかね?

まあ大々的にやってキャンペーンを始めてしまっていますので、簡単にはストップできないと思いますが、やればやるほどアンチファンを増やしてしまうと思いませんか?