一日を二倍に使う方法

一年間を通じて仕事量が安定かつ一定していれば宜しいのですけど、暇なときは閑古鳥が仕事場を飛び回りまして忙しい時はもう二人ほど自分が欲しいほどの状態になってしまうわけです。

さてこれは誰にでも出来るわけじゃないですけど、もうムチャクチャ忙しい時に私が行っている一日を二倍に使う方法を今回のコラムに書いてみたいと思います。

私の場合は仕事をこなすための方法になっていますけど、夏休み中とか最後の追い込みの冬休みとか受験勉強にももしかしたら使えるかなとも思いますので、興味が有ればそれほど長い文章じゃ無いですのでお付き合い下さい。

本題に入る前に私の仕事環境などを書いておこうと思いますが、一時期は社員を雇って営業に飛び回っていた事が過去には長く有りましたけど、現在は自宅兼仕事場でWebコンテンツ作成を中心にSOHOのような仕事になっています。

でもう時間がなくなった時の行動パターンなのですが朝はも遅くとも4時に起きまして素早く仕事にとりかかります。

概ね7時くらいに朝食を食べまして昼くらいまで区切りの良いところまで仕事しましたら、簡単に昼食を食べましてもう寝ちゃいます。

といっても2時間程度熟睡致しまして午後二時には起きてまた仕事にとりかかりまして概ね夜の九時から10時くらいには仕事を切り上げて、食事や風呂などに入ってさっさと寝てしまいます。

若い頃でしたら体力も有りましたし無理も効いたのですがこんな方法で乗り切るようになってきたのですけど、下手に12時間とかぶっ通しで仕事をするよりもこの間にある程度しっかりした睡眠をとる方法のほうが効率が上がるようです。

ま自宅兼仕事場でパソコンに向かって仕事をこなすことが可能だから出来る方法なんですけど、外国にはシエスタって昼寝の習慣がある国が有るじゃないですか?

あれって勤勉な日本から見たら何だか怠け者みたいな感じがしちゃうと思いますけど、私も忙しい時期に中間に昼寝を挟むようになってから、これは実に一日を効率的に使う方法じゃないかなって思うようになりました。

確か学習でも勉強したことをちゃんと頭に記憶させるにはしっかりした睡眠が必要だって事だったと思いますので、昼寝も時には受験勉強に有効かなって思うのですけど問題は家族がどのように思うかって処かもしれないですよね?

追伸
慣れないうちはしゃきっと素早く飛び起きるのが難しい人も多いのかもしれないのですけど、これは強い意志をもって飛び起きて仕事に勉強に立ち向かって下さいね。