営業報奨金の設定

完全歩合制の飛び込み営業の 世界でしたら話は簡単ですが、それ以外の場合で営業マンに対して成績に対する報奨金を設定している場合も多く、人参をぶら下げる効果だと思いますが、他の 社員の兼ね合いですとか結構難しいものが有りますよね。

内勤者にとっては営業マンは客先を訪問して販売するのが仕事なのだから、当然の仕事を遂行して高額な報奨金が支給されるのには内心では 面白くないかもしれませんし、逆に営業マンってのは自分の売上でこれだけ利益に貢献しているって自負が有ったり致しますし、社内的な立場を別に致しまして 売上が多くても少なくても給料が一緒でしたら、まぁ上司に追求されない程度に実績をあげておこうと考えてしまいますからね。

私の知っているとある飛び込み営業で固定給が有って結構な報奨金を支給している会社では内勤者と営業マンは完全にフロアを分けてしまっ て、お互いの接触が難しい状況にしておりましてこれは全然別の給与体系で社員間での不平不満が出ない様にしている側面も有るのではないかと思いますが、社 員間のコミュニケーションの点では少々問題が有るような気が致します。

私が思うには営業マン個人の販売成績にかかわる報奨金は多少抑えまして、その分を例えば会社全体で設定した金額を突破する売上をあげた ら全社員に報奨金を支払うようなシステムにすれば、たぶん内勤者も営業マンにより協力的になると思いますし、営業マンが頑張って売上をあげてくれれば自分 たちにも報奨金が入ってくるわけですから、社長や管理者の方たちが営業マンに発破をかけるよりもよほど効果的に営業マンの後押しが出来るのではないかと思 います。

ついでに書いて置きますとどうも販売報奨金の設定において社長が欲張りすぎるような設定ですと逆に営業マンのモチベーションを下げる効 果が有りますから注意した方が良いでしょうね。

例えば個人の販売目標を達成したらそれを超えた分の粗利益に対して100万円あたり1万円の報奨を支払うような、極端に会社が利益を追 求して営業マンや社員に対する還元が少なすぎるのでしたら、逆に最初から設定しない方がやる気を削がないだけましなような気が致します。

会社としては営業マンのやる気を引き出すために、販売報奨金の設定る考えるのですが気を付けませんと営業マン以外の社員から反発が出て しまったり、逆に営業マンのやる気をダウンさせてしまったりなかなか簡単ではないのです。

朗読版