発言がブレる上司と対応

日本の総理総裁らしい、漫画太郎こと口ま・・おっと麻生太郎の発言がぶれまくって迷走するって事はもはや常識になってしまった感がありますが、上司ですとか経営者の中にも結構この発言がブレる上司だとか、迷走する経営者が存在すると思いませんか?

まあ麻生太郎のような経営者が実権を握っていたら、まあ間違いなくその企業は一年持たずに倒産してしまうと思いますが、それに近い上司ですとか経営者は、淘汰されてもされても別のブレるまたは迷走する上司や経営者が登場してきちゃったりするのですよね。

別の言い方をすれば優柔不断な上司や経営者って呼び方にもなると思いますが、そーゆー奴らは基本的には自分の確固たる考えや信念を持っていない為に、一寸した他人の意見で考え方がぐらついてしまったり、方針を180度変更して再度正反対の事を言い出して元に戻ったりしちゃうわけですが、別の視点で考えますとやり方次第で、操る事が出来る上司だって事も言えますよね。

ただまあそうやって意見してしまう部下とか取り巻きの方々が多数居ると、あっちの意見になびいたり、こっちの意見がもっともだと考えを変えてみたりと、つまりまあ発言がブレたり迷走してしまうので有りまして、結局は同じですね。

でね、勿論情勢の変化や新たに入ってきた情報によって朝令暮改になる事は、今の経済情勢では仕方が無い事なのですが度が過ぎる場合は、可能であれば別のリーダーにチェンジする以外に方法は無いと思うのですよね。

それと、誰かの下について部下で居る時にはとても優秀で上司の命令を忠実且つ確実に実行して成果を上げる事が出来ていた、優秀な社員であっても部下を持ってリーダーになると途端に部下だった頃の優秀さは何処へ行ったのかと不思議になる位の人が結構居るのですが、残念な事に予め分かっていれば良いのですが、リーダーになってみないと分からないのですよね。

追伸
麻生太郎を見ていて感じるのですが、実際には発言がブレまくっているのに、俺は言っている事は終始一貫しているとか強弁するような人も、結構居たりするのですが、はっきり言ってそーゆ人の思考回路がどうなっているのか皆目検討がつかないので有りまして、対応策としては出来るだけ関わらないって方法しかないのですが、これが直属の上司だとか、日本の最高権力者にもなってしまいますと逃げようがないのですよね。

全く困った事でありまして、日本の復活はまた先に延びてしまうので有りますね。