部下に仕事を任せられない上司

ホームページ作成代行をやっていますと様々なお客さんと打ち合わせをする機会が発生するのですが、部下に任せられない上司の存在ってのがありますと著しく作業が停滞したり、時には仕事から降りてしまう事が発生してしまうのでありまして、今回のコラムではそんな事について書いてみたいと思います。

さて上司と名が付く人の仕事の中には部下の管理育成とか部下の指導が含まれているわけですが、どーも心配性なんだか他人を信用しない猜疑心が強い人なんだか口ではお前に任せたなんて事を言いながら、思いついたように口を挟んできたり報告を求めたり部下の考えを否定してみたりとまぁ上司ですから最終的に失敗やミスがあれば上司にも責任が関わってくるので口をはさむのは十分理解できますけど、だったら軽々しくお前に任せたって台詞は吐かない方が良いと思います。

外部の人間にとりましても軽々しく部下に任せたからって台詞を吐く人ってのは曲者で要注意なのでありまして、部下から任命された担当者とディスカッションや打ち合わせを進めてこちらの考え方や注意点なども任された部下の方へ伝えて仕事を進めていくのですが、部下に任せられない無能な上司が出てきますと話が元に戻ったり、同じことを再度説明だったり私も面倒なので仕事から降りてしまったりすることだってあります。

私からは上司に当たる方に対して部下に任せられないのであれば打ち合わせに全て出席してその場で意見を言ってもらわないと後になって口を出されても困るし、部下の方に任せるのだったら言葉通りに最後まで部下に任せて口を挟まないで頂きたいです、それが無理でしたら仕事を円滑に進める自信が無いですからおろさせて頂きますとの申し入れを行うようにしていますが、何故か任せるって言葉の意味を理解していない人が多くて、怒りだしちゃう人が出てくるのですよ。

まぁこの手の上司は部下の失敗も自分の失敗も全て部下のせいで、逆に仕事がうまくいったら手柄は全て上司で有る自分お陰を地で行くような人が多くて、不運にもそーゆー人の下で働くことになってしまった人には同情しますね。

根本的には部下に仕事を任せられない上司ってのは、部下を指導して成長させる能力が根本的に欠落している事も多いと思いますし、猜疑心が強すぎて任せられない場合もやはり人間性にどこか問題が有るのでは無いでしょうかね?

まぁ部下が能力的にまだ任せきれないのだったら、手伝ってくれと言うか俺がサポートするから出来る限りやってみろ的な発言がよろしいのではないでしょうかね?