売上不振対策と休日出勤

今から10年ほど前の話になりますが、私がまだ創業当時で売上が安定していなくて夏の暑い時期に月の半ばになっても受注が一件も無くて、このままで は今月の受注がゼロになってしまうと経営の危機感を覚えまして土曜日と日曜日に自主的に?休日出勤を致しまして両日は朝から晩まで新規顧客開拓の飛び込み営業に費やした事が有ります。

結果は両日で100件近くの法人にト飛び込み営業を致しましたが受注も見込み客の獲得も共に無くて、2日間に移動に費やしたガソリン代 を疲れた体で考えてしまって暗澹たる気持ちになって思い出が有ります。

当時は既に週休二日制が定着していましたし、土曜日や日曜日に営業をしている会社はそこが稼ぎ時だから営業しているのですから、突然 やってきた飛び込み営業マンの相手などしている暇は有りませんし、Webコンテンツ作成のような会社は土日は休業が普通ですからそんな時に飛び込み営業を やっているって事は、相当売上が厳しいのだろうと思われたのではないでしょうか?

2日間の飛び込み営業の結果を反省して素早く心を入れ替えまして、それからは事務所内で行う作業や事務処理関係を極力、土日に回したり販売促進資料 の作成をしたりサイトのメンテナンスなどに振り分けて平日に営業時間を沢山取れるように致しました。

結果としてその方が営業効率が上がりましたし、販売促進資料もゆっくり作れるようになって充実しましたし、基本的に事務所内で作業して いる分には余計な経費がかからない事になりますので、良い方向に回転が始まりだしたと思います。

で私の知る限りの話ですが、会社の業績が芳しくなくて売上不振状態に陥ったときに、非常事態宣言で営業マンは全員休日出勤で売れるまで 帰って来るなとか、新規顧客開拓を徹底してやらせるって例が良く有るように思うのですがどうでしょうか?

まぁ私と違って愛車精神が旺盛な営業マンを多数抱えていて、一生懸命飛び込み営業を行って新規顧客開拓に大きな成果を上げる事が出来る のは稀な話で、休日出勤手当の出費の方が大きくてやらない方がましって場合が多いのではないでしょうか?

もしくは休日出勤命令がなければ平日に終わらせる仕事をわざわざ土日に回したりね。

売上不振状態になりますと社長としては居ても立ってもいられなくて、とにかく営業マンを駆り立てて新規顧客開拓に精を出して欲しいと思 うのは良く理解出来ますが、営業マンが疲れるだけで、やってもやらなくても一ヶ月の売上は一緒だなんて場合が多いのでは無いでしょうかね?

朗読版