命名権販売ビジネス

オリックスブルーウェーブの「グリーンスタジアム神戸」→「Yahoo! BBスタジアム」
東京ヴェルディの「東京スタジアム」→「味の素スタジアム」

今回、千葉県市原市のサッカークラブチーム”ジェフ市原”の建設中の新本拠地の命名権が売り出されます。
販売元の千葉市では年間1億2千万円以上、契約期間5年以上を希望していますが、そこそこ応募企業が出てくると予想しています。

元々プロ野球は企業の宣伝広告塔として球団を所有する意味合いが強く、唯一広島カープが市民球団として頑張っていましたが、それ以外は 親会社がはっきりしていましたからね。

サッカーチームの場合は理念として地域に密着したサッカークラブチームを目指していましたから、企業名をチーム名に入れることは問題視 されていましたので、一時期 東京ベルディが読売の名前を入れる入れないで揉めていましたが、結局は読売の名前は出てこなくなりましたね。

プロ野球やプロサッカーの場合、マスコミ、スポーツ新聞に取り上げられる事も多いわけですから、宣伝広告塔としての利用価値は非常に高 いと思います。

広告宣伝効果が高いものをミスミス、千葉市市民サッカー場とかにしなくても、自治体の収入になるようにどんどん利用して、命名権を高く 企業に買って貰うことは良いと思いますよ。

国も借金が膨らんで、増税をするよりも多少こことは目をつむりまして、税収確保にもっと知恵を絞っても良いのではないでしょうか?

近所の公園も命名権を年間10万円で販売しますとか、公民館の命名権を販売しますとか、どうせなら日本銀行発行の1万円札の肖像画を 5000兆円で10年間権利を販売しますとか、世界中にセールスして一夜にして日本国の借金をゼロにしてしまって、税金を今の半分にしてしまったりね。

増税とか国債の発行を考えているより、腕利きのセールスを集めて、命名権ビジネスで国民の税金を半分にした方が、国民に喜ばれると思い ますよ。

追伸

横浜市では辣腕を奮う中田市長の活躍で随分と命名権販売で収益を上げたようですね。

横浜市って土地柄にも恵まれたのだと思いますが、他の市町村も見習ってほしい物で有りますね。