営業力と演技力とお客のタイプ

私も多数の営業マンを知っていますが、客先での営業活動の最中とそれ以外の時では別人格と思えるほど豹変する人が中には存在していまして、たぶん素 の姿の他に営業活動中は演技をして売れるように振舞ったいるのだと思いますが、もし仮に素のままの自分の性格でどうも営業成績が芳しくないと思われました ら、人格改造までは必要ありませんが演技力を磨って営業力強化の方法も有ると思うのです。

営業マンが軽微な営業力を発揮することはよくある事で、例えばお客が最終的な値引き条件を出してきましてその条件で購入すると断言した 時に、本当は充分に粗利益が確保出来ていて自分の裁量の中で処理出来ることが分かっていまして、本当は笑みがこぼれて笑い出したいのにぐっとこらえまし て、厳しい表情を作り出しまして、うん分かりました仕方が無いので何とかしましょう、上司には私が後から理由を話して説得しますからなんてね。

これが演技力の有るアカデミー賞並の営業マンともなりますとお客のタイプによって人格を使い分けて営業活動に勤しみますよね。

真面目な人格で硬いタイプの社長の前では営業マンも決して冗談など言わずひたすら手堅く、真面目一本槍の営業マンを演じますし、逆に ざっくばらんな社長やお客を相手に致しますと自分も積極的に本音(らしき事)をさらけ出しまして、営業活動を展開するわけです。

※お客のタイプ別攻略法を一人で会得して実践しているわけです。

もちろん営業マンがお客のタイプによって人格や雰囲気を使い分けられればそれに越したことは有りませんが、いくら頑張ってもお客に受け 入れてもらえないで心を掴むことが出来ないとしたら、何か一つでも良いので普段行っている営業マンとは別の性格を持った営業マンを演じてみるのも良いのか もしれません。

学ぶことは真似ることなんて格言も有りましたけど、例えば自分とそう年齢が離れていなくて少しだけ自分と営業スタイルが違っていて、し かも営業成績が良い営業マンなんてのが身近にいましたらうってつけなんですけどね。

もちろん自分とはまるで正反対の営業スタイルで営業成績抜群の人でも構わないのですがちょっと難しいですからね。

それと他の営業マンを真似をする時に注意すべき点と致しまして、その営業マンが社内で見せている顔と客先で営業活動を行っている時の顔 は全然別物の場合が有るって事です。

その辺りをしっかり見極めませんと逆に失敗する可能性が高くなってしまいますからね?

では今後のご健闘をお祈り申し上げます。

朗読版