ToDoプログラムの活用

トゥドゥ(ToDo)ってのは日本語の表現が書くと分かりにくいのですが、ToDoとは、やるべき事を記録しておいて忘れないようにしておく、やる 事リストって言えば分かりやすいと思いますが、私を含めて40歳を過ぎると、物忘れが激しくなって、記憶力も落ちてきますので、人によっては無くてはなら ないツールになっていると思います。

実は私の場合ではToDのリストが奇麗さっぱり消えてしまいましたら、まあ書いて有る事の80%程度、 やるべき仕事の20件位は、絶対に記憶から出てこないでしょうね?

大げさに聞こえるかも知れませんが、ToDoに書いて時点で安心して直ぐ に忘れてしまうって側面も有りまして、私の場合は何か、やるべき事が出てきた場合は、とにかく忘れないうちに、素早くToDoに記載する事が最優先課題で 有りまして、能力が落ちてきた頭脳の一部を補っている感じですね。

今のところ一日数回ToDoのチャックを行うって行動だけは忘れてはいま せんがこれも忘れてしまうようであれば、もう終わりでしょうね?

まあ最近はToDoって言葉や存在が一般的になってきましたので、携帯電話 の多くの機種にもその機能が入っていますが、どうも携帯での文字入力が苦手なため、Web上のアプリケーションを利用してます。

※フリー ウェア(無料ソフト)でもPHPやCGIを使った便利なソフトが出ていますし、グループウェアにはまず普通標準で装備されてますね。

世の中 には色んな人がおりまして、中には忘れっぽいとか、約束が守れないって人も少ない割合で存在するのでは有りますが、そんな人はToDoを使えば、軽減ざれ ると思いますよ。

追伸
私が思うにこのToDoのリストってのは、政治家や政党こそ、一般公開して進捗が見えるようにする必要が有る のでは無いでしょうかね?

政治の場合はそれがマニフェストて事になるのですが、なかなか検証が行われまっせんし、履行されていなくても、状況が変わったの一言で チャラにされてしまいますからね?