デジカメの選び方(Myベストなデジタルカメラ)

今や従来の銀塩写真を凌いでしまったデジタルカメラ、略してデジカメの話です。
職業柄、何台ものデジカメにお世話になってきましたので、今回はデジカメについて書こうと思いますが、私の個人的な感想だけで書いていますので、その辺は ご了承下さいませ。

さてここに同じ値段で、機能を比較しても全く同じで唯一違うのが、望遠機能が違うデジカメが並んでいるとしましょうか?

A デジタル100倍ズームのデジカメ

B 光学3倍ズームのデジカメ

さて、どちらを選びますか?
実はデジタルズームと光学ズームでは、光学ズームのほうが偉いのでありまして、どこが違うかと言いますと、これが大違いなのである。

光学式のズームの場合、レンズで被写体を大きくしますので今までのカメラや望遠鏡などとズームのしかたは基本的に同じですが、デジタル ズームの場合カメラに入ってきた被写体の画像を引っ張り伸ばしているだけなので有りまして、だから光学式ズームのほうがエライのであります。

画素数に関しては100万画素以上有れば、基本的に私はOKなので有りますが、選択する際のチェック項目の最大は電池の持ち時間なので 有ります。

液晶ファインダーのデジカメなんて、あっというまに電池が無くなって撮影不能になってしまいまして、過去、仕事上の撮影で予備電池を 持っていっていても、撮影が長引いて、電池切れになったことが何度もありましたからね。

2点目はピントが合ってシャッターを切れるまでのスピードですね、デジカメの場合100%オートフォーカスになっていると思いますが、 機種によってはピントがなかなか合わなくて、シャッターがなかなか切れない機種が結構ありますよ。

電気店やカメラ店でデジカメが並んでいて、電池の寿命とかオートフォーカスのスピードよりも画素数が前面に出ちゃってるじゃないです か?

けど、私の気にする2点を押さえないと後で又、買い換えることになってしまうのです。

追伸

手ぶれ補正が一般的ななって500万画素以上が普通になった現在ではデジカメの開発競争も下火になってきたようでして、携帯電 話にカメラが付いているのも当たり前ですので、デジカメの売上もついに下降線を辿りだしたようですね。

まあデジカメを購入してもそれほど撮影する被写体が個人に有るとは思えませんけどね。