パソコンの買い替え、入れ替手順

数ある電化製品、情報家電のなかでパソコンが一番買い替えが大変なのではないでしょうか?
特に多くの周辺機器を接続していたり、数多くのソフトウェアをインストールして使っていてデータも大量に保存してある場合などは、大変です。

パ ソコンも古くなってきたし、お金も有るしそろそろ最新型のパソコンに交換しようと思っても、ほかの家電製品と違い買ってきて取り替えれば済む話でなく多く の入れ替えて順を踏んで、交換する必要がありまして、新しいパソコンに”古いパソコンからの取替え手順”なんて書いていませんから自分で調べなくてはなり ませんね。

では、一応過去に10回以上パソコンを入れ替えていますので簡単に手順を書きましょう。

1、周辺機器の問題
実はこの周辺機器が一番面倒ではまり易いところです、バックアップは必要無いのですが、事前に新しいOSに対応の、ドライバーがバージョンアップしてリ リースしているか事前の準備が必要です。

2、データのバックアップ
昔はフロッピーディスクでバックアップを取る必要があって大変だったのですが、最近はLANボードが入っていれば、ケーブルでパソコン同士をつないでデー タを送り込めますので随分楽にはなりました。

3、インストールしてあるソフトウェア
特に業務用は注意が必要で特定業務に特化したソフトウエアの場合は、OSが特定されている場合が多いのです、いまだに98しか使えない業務ソフトなんかも ありますので、事前にメーカーへの問い合わせが必要です。

場所と電源に余裕があれば新しいパソコンと古いパソコンの2台を並べて作業がいいでしょう。

LANケーブルでつながった状態で作業が出来れば、データーを移して、周辺機器を取り付けていって、各種ソフトウエアをインストールしてい くわけです。

この時に、買ったばかりのパソコンはウィルスに対して無防備な状態ですので、お持ちであれば先ずウィルス対策ソフトのインストールと Windowsアップデートをされたほうが良いでしょう。

追伸

WindowsXPからVISTAに変更するときに苦労されている人は多いのでは無いでしょうか、今までXPで動いていたソフトが 動かないとか、デバイスが作動しないとかであきらめてしまう人もいるように聞きます。(その場合はXPへダウングレードを行う事になります)

それを乗り越えて使おうとすると今度はすっかり変更されてしまったインタフェイスと動作の重さが待ち受けているのでありますね。