失業中のゴールデンウィーク計画

幸いにもゴールデンウイーク期間限定の日払いのアルバイトでも運良く見つかって、やるべき仕事を確保出来た失業者の方は別にしまして、失業中のまま次の就職先が見つからないままにゴールデンウィークに突入してしまった方にとっては、楽しいはずの大型連休も気分を滅入らせてしまうだけの存在になってしまうのでは無いでしょうか?

なにせごく普通の大部分の企業はゴールデンウィーク中はお休みですし、ハローワークもしまっていますし、休み中営業している企業は稼ぎ時に違い有りませんから、アクションを起こす事も出来ないのでせいぜい自宅のPCや携帯電話で求人情報を探すか、繁華街にウインドショッピングに出かけるかふて寝をするかって感じの人が全体の八割を超えてしまうのではないかと予想致しますが、かついって有効な過ごし方は簡単には見つからないのですよね。

個人的に思う失業中のゴールデンウィークの過ごし方といって思い浮かぶのは、休みに突入する前に図書館に行って貸し出し可能な限度一杯まで書籍を借りてきて読書にふけるって位の物でしょうかね?

でね、失業中の身でゴールデンウィークに突入する事になって初めて思う人も少なく無いと思いますが、休日法の改定やら新たな国民の祝日の設定やら休日が増えて来たお陰でレジャー産業の方々はその恩恵を受けているのかもしれませんが、多くの企業経営者にとっては稼働日が少なくなって売上げに影響が出たり、また社員は基本的に月給制ですから休日が多かったからと言って、その分だけ給料をカットする訳にもいきませんし、月々の借入金の返済やテナントや事務所の家賃も値下げはされませんから、官製不況と言って良いと思いますが、政府の方針によって休日が増えて苦境に立っている企業も有ると思うのですよね。

まあ休日が増えて喜ぶもう一つのグループが公務員である事は間違いないと思いますが、まあ暇な公務員も多いので休日が増えても一向にさし支えないと思いますし、平日の残業が増えるってメリットまで出てくる場合も有ると思いますので、やはりこの国は公務員天国なのだなって思いますね。

追伸
人それぞれのゴールデンウィークの過ごし方だと思いますが、長年安定した収入を確保出来ていた方が、諸事情により失業の憂き目になって今まであれほど毎年に楽しみにして計画を立てていた大型連休が逆に最も気分的に落ち込む期間になってしまったりするのではないかと想像致しますが、マスゴミは中々そういったところに光を当てないのですよね。