転職で高く売れる人

まぁ私の経験と体験と勝手な想像では大きな企業、特に上場企業など大手企業に勤めているお父さんほど、自分を過大に評価すると言いますか自分を過信していて、実際には所属している組織を一歩でも出てしまうと何の能力もない、単に加齢臭漂うおじさんでしか無かったりする事が良くあったり致しますし、逆に中小零細企業で頑張っている人の中には、個人の能力がもの凄く高くて会社の大黒柱として、違う組織に行っても十分に通用する人も結構いらっしゃるような気が致します。

まぁ人それぞれで逆の場合も有るのでしょうけど、何と言いますか例外はあるにしても基本的には新卒採用時に優秀と見なされる学生は大企業に流れまして、学業が今ひとつだったり評判が余り宜しくない大学出身者の一部は中小企業や場合によっては零細企業に流れる場合が少なく無いと思います。

で一応私の場合は、上場企業に勤めていた経験も有りますし今は超零細企業を経営しておりますが、はっきり言って会社規模が小さい方が一人で何役もこなさざるを得ませんし、なにせ会社の看板で勝負できない場合は社員一人一人の力で営業を継続していかなくてはいけませんからね。

まぁ転職者の採用に関して中には経歴で大きな企業にいたのかどうかってのを採用判断基準の一つにしている採用試験官もいらっしゃるようですけど、中途採用で入社してから経歴は中々だけど本人の実力は全然たいしたことないってメッキがはげて、1年未満に再度転職のために会社を去ってく人も少なく無いようですからね。

さてやっと本題に入りますが、最初に書いた事と実はとっても矛盾する事を書きますけど、転職経験者として感じるのは前職が世間とか業界で名前が知られたそれなりの企業に勤めていましたら、まぁあの会社で何年も働いていたのだから大丈夫だろうって感じで、本人の能力をしっかりは把握しないまま中途採用してしまう事は少なく無いと思いますし、腐っても鯛みたいな意識が未だにあるのは確かだと思います。

それと高く売れるって部分だけ切り取って考えて見ますとまぁ単純な話で、こいつを入社させればどの位の貢献をしてくれるのかなって天秤にかけて年俸なり給料を勘案しますから、会社に対して何か具体的に提案が出来るくらいのスキルなり能力をもってして、しっかりと自己ピーアールすべきでしょうね。

黙っていても中々良いところは見つけてくれませんから、少々厚かましくても自分を入社させないって事は大きな損失だよってくらいPRしても良いのでは無いでしょうかね。